古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部) 新着記事

清水の伝統に仲間入りできるか――”ネオ清水三羽烏”の挑戦

 かつて「清水東三羽烏」と呼ばれた大榎克己(現・清水強化部長)、長谷川健太(現FC東京監督)、堀池巧(現・順天堂大監督)の3人をご存じだろうか。 いずれも1965年生まれで清水東高のサッカー部で... 続きを読む

シマオ・マテが明かすプロ入りのきっかけ、腕に刻まれた日本語、そして真面目さが窺えるマル秘エピソードも‼

 J1の月間MVPに輝いた昨年6月頃のS・マテは、来日1年目にして仙台の主軸になっていた。 とはいえ、すぐさまJリーグに馴染めていたわけではない。J1デビューを果たした2節の横浜戦は1-2で敗れ... 続きを読む

【大分】ルヴァン杯のレギュレーションに甘えるつもりはない!19歳の俊英・高畑奎汰に並々ならぬ気概を感じた

[ルヴァンカップ第1節]湘南1-0大分/2月16日(日)/湘南BMWスタジアム平塚 今季もルヴァンカップでは「21歳以下の選手を1名以上先発に含める」というルールが適用されている。この日の大分で... 続きを読む

大分スタイルにはいまだ順応途中…。知念慶が明かす川崎との大きな違いとは?

[ルヴァンカップ第1節]湘南1-0大分/2月16日(日)/湘南BMWスタジアム平塚 ルヴァンカップDグループの湘南対大分は終了間際に湘南がPKで得点を奪い、1-0で勝利した。 敗れた大分は昨季に... 続きを読む

【ルヴァン杯・採点&寸評】湘南1-0大分|90+3分に古巣対戦の梅崎が決勝弾‼ MOMはチームを黒子として支えた新加入MF

[ルヴァンカップ第1節]湘南1-0大分/2月16日(日)/Shonan BMW スタジアム平塚【チーム採点・寸評】湘南 6決してうまく試合を運べたとは言い難いが、PKの1点で大事な初戦を白星で飾った。... 続きを読む

J1昇格ならずとも…魅力的な攻撃サッカーを貫いた徳島は称賛に値するチームだ

[J1参入プレーオフ決定戦]湘南1-1 徳島/12月14日(土)/Shonan BMW スタジアム平塚   J1参入プレーオフの決定戦は徳島が先制するも、後半に同点に追いつかれ、1-1に終わった。引き... 続きを読む

【J1参入PO決定戦|採点&寸評】湘南1-1徳島|ドロー決着も湘南がJ1に残留。同点弾を奪った松田天馬を最高評価‼

[J1参入プレーオフ決定戦]湘南1-1 徳島/12月14日(土)/Shonan BMW スタジアム平塚【チーム採点・寸評】湘南 6.5先制点を取られる苦しい展開のなか、松田のゴールで引き分けに持ち込ん... 続きを読む

田中マルクス闘莉王が引退を決意した理由は? 「自分の中の“炎”が消えかかりそうになったら…」

 12月1日、田中マルクス闘莉王が現役引退を発表した。 闘莉王は2002年に広島でプロキャリアをスタートさせ、水戸、浦和、名古屋、京都と渡り歩き、今シーズン限りでスパイクを脱ぐことに。Jリーグ通... 続きを読む

静岡ダービーで堂々プレーの18歳。”三足のわらじ”を履く川本梨誉の名を覚えておいて損はない

[J1リーグ30節]清水1-2磐田/11月2日(土)/アイスタ  1-1で迎えた78分。清水が得点を奪うために選んだ交代カードは川本梨誉(かわもと・りよ)だった。ユース所属の18歳で、トップチーム... 続きを読む

竹内涼は静岡ダービーでキャプテンの責任を改めて確認。「僕がピッチの中で…」

[J1リーグ30節]清水1-2磐田/11月2日(土)/アイスタ  磐田をホームに迎えた清水は、前半5分にファン・ソッコの退場で数的不利に。その後はボールを圧倒的に支配され、39分に失点。選手の並び... 続きを読む

フベロ監督も「重要な試合」と強調。磐田の”まくり”は静岡ダービーから始まるか?

[J1リーグ30節]清水1-2磐田/11月2日(土)/アイスタ 通算50回目を迎えた静岡ダービーの勝者は、磐田だった。 試合は開始早々の5分にルキアンが相手の裏に抜け出すと、清水のCBファン・ソ... 続きを読む

【J1採点&寸評】清水1-2磐田|白熱の一戦を制した磐田が残留に望みをつなぐ。50回目の静岡ダービー、MOMは…

[J1リーグ30節]清水1-2磐田/11月2日(土)/アイスタ【チーム採点・寸評】清水 5.55分でひとり少なくなり、苦しい時間帯が続いた。同点に追いついた点は素晴らしかったが、静岡ダービーかつ... 続きを読む

西澤健太が清水ユース出身者の同期・北川航也と後輩・立田悠悟について語る。北川は怪物、立田は…

 今季、筑波大から加入した西澤健太はJ1でここまで7ゴール・3アシストを記録し、清水エスパルスの主力に定着。高校卒業時にトップ昇格はできなかったが、西澤は清水の育成組織出身者でもある。同期には日... 続きを読む

新・清水三羽烏になれなかった西澤健太、トップ昇格できなかった当時は「複雑な想いでしたけど…」

 9月のJ1月間MVPを獲得した清水エスパルスの西澤健太。26節の名古屋戦と、続く湘南戦で2ゴールずつを奪うなど、2試合で4ゴール・2アシストを記録し、チームを連勝へと導いた。そして今季、記録し... 続きを読む

【清水】名古屋戦での収穫。ドウグラスのノーゴールはむしろプラスと捉えるべきだ

[J1リーグ26節]清水3-2名古屋/9月13日(金)/アイスタ “戦術ドウグラス”  そう言われてもいいほどドウグラスの存在感は抜群だ。184センチ・80キロの体躯を誇り... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ