観ていて楽しい鳥栖のエースから目が離せない。PKのキッカーを務めた理由は…

カテゴリ:Jリーグ

古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

2021年02月28日

PKをゴールど真ん中に蹴り込む

昨季はリーグ9得点でチーム内得点王になった林。今季はどこまで積み上げられるか。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 サガン鳥栖の今季初ゴールを決め、チームを勝利に導いたのは林大地だ。
 
 0-0で迎えた74分。右サイドを駆け上がった飯野七聖が樋口雄太からのパスをトラップしたと同時にギアを上げる。その瞬間にペナルティエリア内で飯野の足に相手の足が交錯。一度はプレーが続けられたものの、VARの介入の結果、PK判定が下された。
 
 相手GKの負傷もあって、プレーが途切れてPK判定が下されるまでに約5分間の中断。その間、常にペナルティスポットにいたのが、他でもない林だった。
 
「試合前に(金)明輝監督に『VARが導入されてPKの機会が増えるから、PKになったらお前が蹴れ』と言われて。覚悟はしていました」
 
 セットしてから蹴るまではGKをほとんど見ずに、視線の先にはボールのみ。この時点ですでにどこに蹴り込むかを決めていたのだろう。GKが林から見て右に飛んだのに対し、ボールはネットど真ん中に吸い込まれた。ゴール後には今や恒例となった“雄叫び”でチームメイトと喜びを分かち合った。
 
 自信を持って蹴っていたように映ったが、昨季は2本中1本を21節の浦和戦で外している。そのゲームは終盤に1点を奪われてチームは敗戦。試合終了後、林は目を赤く腫らしていた。
 
 そこから約4か月。今度は自らのゴールでチームを勝利に導いた。対戦相手は違えど、シーズンを跨いでリベンジに成功したのだ。
 
 粗削りながらも強引にゴールを目指すプレーと得点後の感情を爆発させる雄叫びで、ファン・サポーターから絶大な人気を誇る。一挙手一投足が観ていて楽しいプレーヤーである。
 
 ど真ん中に蹴り込む強心臓ぶりを発揮した鳥栖のエースの目標は「15点」。十分に達成可能だと、そんな期待をせずにはいられない。

取材・文●古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】湘南0-1鳥栖|MOMは決勝点を奪った林ではなく、金監督も絶賛の高校2年生!
【鳥栖】「常に前に前に行くサッカー」に惹かれて加入した30歳のボランチが、得点力不足が課題のチームを救うか? 
鳥栖が『キングダム』作者のユニホームスポンサー協賛を発表!強力タッグにファンも大興奮「天下取り行きましょう!」
【J1採点&寸評】浦和1-1FC東京|先制弾の阿部が出色のパフォーマンス!FC東京で高く評価したのは…
【J1採点&寸評】鹿島1-3清水|途中出場から逆転弾のアタッカーがMOM。3失点の鹿島守備陣は…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月19日発売
    欧州ビッグクラブ
    「強化戦略2023」
    アルゼンチン代表特集に
    キング・ペレ追悼企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ