【清水|新体制】権田、ディサロら積極補強で昨季以上の成績を残せるか。ロティーナ監督は新たな挑戦に「ワクワクした気持ち」

カテゴリ:Jリーグ

古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

2021年01月15日

監督はC大阪からロティーナ氏を招聘

左から鈴木義宜、原輝綺、指宿洋史、ディサロ燦シルヴァーノ、権田修一、中山克広、片山瑛一、成岡輝瑠、永井堅梧。(C)S-PULSE

画像を見る

 1月15日、J1の清水エスパルスが新体制発表記者会見を行なった。

 2020年シーズンを16位で終えたチームは、セレッソ大阪からロティーナ監督を招聘し、14人の新戦力(うち3人は期限付き移籍から復帰)を迎えて再出発を図る。

 まず冒頭で大熊清GMが「清水エスパルスは過去も今も未来もACL出場やタイトルを狙わなければいけないチームだと思っています。この未曽有の苦しくて厳しいシーズンをチームだけでなく、ファン・サポーター、スポンサーの方々とともに喜べるように1試合1試合、戦っていきたいと思います」と2021年シーズンの意気込みを語った。

 4チームがJ2へ降格する新シーズンのポイントは、2年連続でリーグ最多失点を喫している守備面の改善だろう。大熊GMも「給水や集中しなければいけない時間帯に失点していた」と課題を述べていた。
 
 そこで、白羽の矢が立ったのが、堅守を武器に東京ヴェルディやC大阪を上位へ導いたロティーナ監督だ。ただ、守備的なイメージがあるスペイン人指揮官も、大熊GMに言わせれば、「守備のために守備をするのではなく、良い攻撃をするために守備をしている」哲学の持ち主だという。

 ロティーナ監督も「私たちのサッカーをこれから築きますが、もちろん良い守備をするというのはあります。ただ、それは守備的という意味ではない。我々のトレーニングの大半は攻撃に割かれます。攻撃のほうが構築に時間がかかるからです。良い攻撃ができれば守備の時間は短くなりますし、それが一番良い守備だと認識しています」と自らの考えを明かした。

 ちなみにロティーナ監督は海外へ移る可能性もあったが、「日本の生活を気に入り、Jリーグでプレーしている選手たちもよく知っていること」を理由に日本に残った。そして清水を選んだのは「エスパルスの評判はとてもポジティブで、また(GMの)大熊さんをはじめ、強化部が示してくれた信頼の大きさにワクワクした気持ちになった」からだという。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ