【U-19代表】J2水戸との練習試合に3-2と勝利! 得点を挙げたのは…

カテゴリ:日本代表

古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

2020年10月28日

勝利で合宿を終える

2点目を奪った西川。ほかにも多くのチャンスに絡み、存在感をアピールした。写真:田中研治

画像を見る

 10月28日、千葉県内で合宿中のU-19日本代表候補がJ2水戸と練習試合(30分×3)を実施。点の取り合いとなった一戦は3-2でU-19代表が勝利した。

 U-19代表は1本目の序盤から山本理仁(東京V)や松岡大起(鳥栖)のミドルシュートで攻撃を仕掛ける。そして先制に成功したのはU-19代表。ショートコーナーから細かつないでクロスを上げると、本田風智(鳥栖)がヘディングシュート。ボールはGKの頭上を越えて、ゴールに吸い込まれた。1本目を1-0で終える。

 2本目は水戸に攻め込まれる時間が長く、アレフ・ピットブルにヘディングシュートを叩き込まれて同点に追いつかれる。その後も劣勢が続いたものの、西川潤(C大阪)が一瞬の隙を突いて裏へ抜け出す。西川はGKの動きをよく見て左足で流し込んだ。U-19代表が2-1とリードして2本目が終了した。
 
 3本目は早々にU-19代表が追加点を挙げる。左サイドバックの加藤聖(長崎)がハーフウェイライン付近からロングフィード。抜け出した大森真吾(順天堂大)が右足で冷静にゴールネットを揺らした。その後も大森、西川の2トップを中心に攻め立てたが、相手DFの好守に阻まれる。するとCKからまたもH・ピットブルに決められ、1点差に詰め寄られた。

 それでもリードを守り切ったU-19代表が3-2で勝利。水戸が主力メンバーではなかったとはいえ、勝利を掴んだのは若き日本代表にとって大きな自信につながるだろう。

取材・文●古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
【U-19代表】帝京長岡の14番を背負った“天才パサー”が約3年ぶりの代表招集で手応え!「問題なくやれた」
久保世代のアタッカーがJで台頭! U-19日本代表の熾烈なFWレギュラー争いが面白い
アジア選手権延期も、U-19代表にとってはネガティブなことばかりではない? その理由は…
【U-19代表】ロールモデルコーチとして選手、監督から好印象の内田篤人 「ホテルに帰ってからは…」
エース候補・西川潤がついにU-19合流も…世界を知る期待のレフティがぶつかる課題とは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ