志水麗鑑(サッカーダイジェスト) 新着記事

【柏】思わず嬉しくなる江坂任の気が利くひと言。司令塔としてのプレーに相通ずるパーソナリティとは?

 柏レイソルの江坂任に取材をすると、「気が利く人だなあ」とつくづく感服する。 今週木曜日に全国発売される「サッカーダイジェスト」では、「司令塔が語る『司令塔論』」という特集を組んでいるのだが、そ... 続きを読む

“オルンガ封じ”でJ最高の出来。広島の荒木隼人が披露した極上の対人守備

 前半戦の主役だった柏のオルンガに、実にJ1の11クラブがゴールを決められた。怪物FWを無得点に抑えたクラブは、FC東京、横浜FC、川崎、大分、広島の5クラブ(清水戦は欠場)。そのうち、広島を除... 続きを読む

【J1採点&寸評】柏1-1広島|無得点のオルンガも「6」。平均点が多いなかで高評価したのは…

[J1リーグ17節]柏 1-1 広島/9月19日/三協F柏 【チーム採点・寸評】柏 6守備時にはオルンガを最前線に残した5-4-1にシフトし、攻撃時には4-3-1-2や4-4-2にもなる時間帯があった... 続きを読む

激しく攻め合った柏対広島は1-1のドロー! D・ヴィエイラが先制弾、北爪が同点ゴールを決める

 J1リーグの柏レイソル対サンフレッチェ広島が9月19日、三協フロンテア柏スタジアムで行なわれ、1-1のドローに終わった。 立ち上がりはホームの柏が攻勢に出た。ボール奪取から素早い攻撃を仕掛け、... 続きを読む

【G大阪】ポゼッション率56.9%で無得点。遠藤保仁が見出す攻撃の改善策は「繰り返しによって…」

「たぶんボール支配率も上回っていたと思いますけど、決定機の数で言うとレイソルのほうが多かったと思います。決定機ということはボックス内に入っていく回数が多いということだと思うので、今日の試合に関し... 続きを読む

【柏】オルンガ、江坂、呉屋を前線に並べた4-3-1-2は、“最強システム”となり得るか?

 柏レイソルがホームでガンバ大阪に3-0と完勝した。データサイト『Opta』によると、シュート数は19本、その内ペナルティエリア内からのシュート数は15本。そして枠内シュート数は8本だった。3発... 続きを読む

【J1採点&寸評】柏3-0G大阪|2得点の江坂が採点「8」でMOM! その他に高評価したのは…

[J1リーグ15節]柏 3-0 G大阪/9月9日/三協F柏 【チーム採点・寸評】柏 7.5相手にポゼッションされて攻め込まれても、ゴール前で身体を張って無失点に抑えた。また、効率良く相手の裏を突いて3... 続きを読む

2ゴールの江坂任が圧巻のパフォーマンス! 柏が3-0でG大阪に完勝

 J1リーグの柏レイソル対ガンバ大阪が9月9日、三協フロンテア柏スタジアムで行なわれ、ホームの柏が3―0で快勝した。 いきなり先制したのは柏だ。2分、古賀太陽のスルーパスに反応したオルンガが左サ... 続きを読む

【柏】ネルシーニョ監督に訊いたGK事情。清水戦で負傷交代の中村、ベンチ外が続いているキム・スンギュの現状は?

 柏に怪我人が続出している。リーグ再開後から試合中の負傷交代が相次いでいて、直近のJ1リーグ14節の清水戦(〇2-1)では、GK中村航輔がゴールキックを蹴ったあとに腰のあたりを押さえてピッチに倒... 続きを読む

【柏】「総力という強さを見せられるチャンス」。怪我人続出の状況を選手はどう捉えているのか?

 柏の怪我人続出が深刻だ。リーグ再開後から故障による離脱が相次いでいて、13節の鹿島戦でも高橋祐治とマテウス・サヴィオが負傷交代。アクシデントに見舞われるゲームがとにかく多い。 8月31日、オン... 続きを読む

大荒れの柏対鹿島。プロスポーツとしてのエンターテイメントになっていたのか?

 Jリーグオフィシャルスタッツの「J STATS」によると、ファウル数は両チーム合わせて30。柏対鹿島は大荒れだった。少し落ち着いた後半と比べると特に前半はより酷く、45分間で18回も試合が止まり... 続きを読む

【J1採点&寸評】柏2-3鹿島|土壇場2ゴールの土居がMOM! 同じく最高評価の「7.5」は…

[J1リーグ13節]柏 2-3 鹿島/8月29日/三協F柏 【チーム採点・寸評】柏 5.5高橋祐とM・サヴィオの負傷交代、高橋峻の退場があったなかで、2-1とリードしていた終盤までは素晴らしかった。だ... 続きを読む

オルンガが2発も、途中出場の土居聖真が土壇場2ゴールで逆転!! 鹿島が3-2で柏を撃破

 J1リーグの柏レイソル対鹿島アントラーズが8月29日、三協フロンテア柏スタジアムで行なわれ、アウェーの鹿島が3―2で勝利した。 立ち上がりは鹿島が激しいプレッシングと素早い攻撃を仕掛け、攻守で... 続きを読む

C大阪の守備はなぜ堅いのか? 鉄壁の秘訣を対戦相手の視点で分析

「ゲームの入りから良いテンポでできて、選手たちのクオリティや個々の特徴は活きていた。ゲーム全体のボリュームを見ても、非常に良い入りができた。本当にひと言で言うなら、あとは(ゴールに)ボールが入る... 続きを読む

【J1採点&寸評】柏1-3C大阪|プロ初得点のルーキーを高評価! MOMは2得点を演出した…

[J1リーグ10節]柏 1-3 C大阪/8月15日/三協F柏 【チーム採点・寸評】柏 5.5猛攻を仕掛けながらも相手の守備を崩せず、一方で一瞬の隙を突かれて3失点。上位対決で「決定力」と「一瞬の隙」と... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ