【J1採点&寸評】柏0-1G大阪|MOMは決勝点を奪ったダワン! 勝者のガンバは守備陣を高評価

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2022年05月14日

柏――細谷と小屋松は貢献度が高かったが…

【警告】柏=なし G大阪=中村(51分)【退場】柏=なし G大阪=なし
【MAN OF THE MATCH】ダワン(G大阪)

画像を見る

[J1第13節]柏0-1G大阪/5月14日/三協フロンテア柏スタジアム

【柏|採点】
スタメン)

GK
キム・スンギュ 5.5
DF
高橋祐治 5.5
上島拓巳 6
古賀太陽 6
MF
大南拓磨 6
椎橋慧也 6(77分OUT)
三丸 拡 6
戸嶋祥郎 6.5
マテウス・サヴィオ 6.5
FW
小屋松知哉 5.5(74分OUT)
細谷真大 5.5(85分OUT)

途中出場)
FW森 海渡 5.5(74分IN)
MF加藤匠人 ―(77分IN)
FW升掛友護 ―(85分IN)

監督)
ネルシーニョ 6
 
【柏|寸評】
 前半は守勢に回る時間帯があっても最終ラインが大崩れせず、縦に速い攻撃で効果的に押し返すと、敵陣に侵入後はコンビネーションで相手ゴールに迫った。

 速攻で起点を作ったのは細谷で、ポストプレーの精度は高かった。そして前線の連係を円滑にしたのが小屋松。戸嶋やM・サヴィオを巧みに生かし、この両インサイドハーフは何度もチャンスに絡んだ。M・サヴィオは22分に直接FKでポストを叩き、戸嶋は42分に細谷へ絶妙なスルーパスを供給。しかし細谷は相手GKとの1対1を決めきれなかった。

 後半も試合を優勢に進めたが、50分には小屋松が絶好機をフイにする。2トップは貢献度が高かったものの、チャンスを逃したので評価を下げざるを得ない。決定機を決めきれないと反撃を受けるものだろう。72分に一瞬の隙を突かれ、セットプレーから失点した。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定したこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【PHOTO】柏レイソルを応援する美女サポーターたち
【関連記事】
U-21日本代表候補を2-0で撃破した全日本大学選抜が強い。守備では広島加入内定DFが、攻撃では柏加入内定MFが活躍
「段々ヤンチャに成長してる」東口順昭、G大阪ジュニアユース時代の“選手証”を公開! 顔写真の変化にファン衝撃
宇佐美貴史が選ぶJ歴代最強チーム「毎試合『今日は何点取るんやろうな』と予想しながらスタジアムに行った」
【アナリスト戦術記】柏レイソルの下馬評を覆す要因となった守備戦術。「見る」ではなく「奪いに行く」優位性
大谷秀和が選ぶJ歴代最強チーム「プロ入り直前に見て、ワクワクとゾッとするような気持ちも」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ