必見の“超攻撃的ウイングバック”。町田の太田修介が描く理想像が興味深い

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2022年05月13日

「どれだけ前に上がって違いを見せられるか」

ユーティリティプレーヤーへ変貌を遂げている太田。今季は3ゴールを決めている。©FCMZ

画像を見る

「面白いですよ」

 もともとはFWが主戦場だったが、町田加入1年目の昨季にサイドハーフにコンバートされた太田修介が、またも新境地を開拓している。昨季から採用していた4-4-2から新システムに挑戦をしている。任されたポジションは左ウイングバック。「新鮮で結構ポジティブに捉えている」という。

「12節の横浜FC戦で初めてトライをし、対戦相手に合わせて4-4-2っぽくなる時もありましたけど、攻撃も含めてハッキリと新しいシステムとなったのは前節の水戸戦が初めてでした。そのなかでウイングバックを任されて、例えば最終ラインに入って守るのも初。少しでも裏を取られたらビッグピンチになる緊張感は経験なかった。でも、逆に攻撃側の視点で『ずっと裏を狙われていたら嫌だな』というのを肌感覚で感じられているので、だったら攻めに転じたら背後へのランニングを狙ってやろうという発見もある。だから面白いんです」

 新たなポジションで刺激を受けている太田は、描き始めた理想のウイングバック像があるという。

「超攻撃的ウイングバックです。後方からの組み立てを僕には求めていないだろうし、どれだけ前に上がって違いを見せられるかだと思う。それ以外の守備やポゼッションの部分はある程度のベースだけしっかりできるようになれば、あとは攻撃的にやるイメージでいます。例えば、広島の柏好文選手のような。同じ右利きで左ウイングバックをやっているので、映像を見させてもらっています。運動量もあるし、ボールを持った時のクロスの形もあるし、点も取れる。参考にはしつつも、ただの真似にはならないよう、自分なりのやり方でウイングバックに適応しようとしています」
 
 太田は元来、ストライカーだ。「ではウイングバックで点を取るには?」と訊けば、興味深い回答が返ってきた。

「逆サイドにボールがある時は、絞り気味のポジション取りでクロスに入って仕事をする。同サイドの時は、ボールを持って仕掛けてペナルティエリア内に侵入する。点を取るためには、相手にとって危険なゾーンに入っていくのが大事になります。その回数を増やせれば自然とゴールの確率も高くなる」

 5月15日に行なわれるJ2リーグ16節では、ホームで首位の新潟を迎え撃つ。振り返れば昨季、本拠地での同カードでゴールを奪ったのは太田だった。この週末、“超攻撃的ウイングバック”には必見だ。

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

====
【試合情報】
試合:J2リーグ第16節 
日時:2022年5月15日(日)14:00キックオフ
対戦:FC町田ゼルビア vs アルビレックス新潟
会場:町田GIONスタジアム
備考:試合に関する情報はこちら
https://www.zelvia.co.jp/news/news-200638/
====
【関連記事】
「自分に期待している」“ネクスト甲府産ブレイク候補”。町田の太田修介が見る「未来への道筋」
「初めてぶつかった時、交通事故が起きたと思った」。町田の太田修介が挙げた過去対戦して最も衝撃を受けた選手が強烈すぎる
松木玖生の名相棒がついにプロ初先発。「自信になった」水戸戦は「すごく良かった」と称賛されるほどの出来だった【町田】
「いい選手だけど嫌い」林大地がSTVVファンから“嫌われている”日本代表戦士を明かす「サポーターがめっちゃ言う」
「とんでもない選手になる可能性がある」松井大輔がW杯で期待する森保Jの3人は?「活躍しないと日本の勝利が見えてこない」と評価したのは…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ