鈴木潤 新着記事

【柏】全治7か月の重傷を負った増嶋竜也 信頼寄せる理学療法士とのリハビリを乗り越え実戦復帰へ

J1第1ステージ・2節の仙台戦で左膝前十字靭帯損傷、全治約7か月の怪我を負った増嶋竜也が、9月28日に全体練習に合流した。 約半年もの間、増嶋のリハビリを担当していたのがメディカルスタッフのひとり... 続きを読む

【J1採点】柏×名古屋|工藤が殊勲の2ゴールで、リーグ戦5試合ぶりの白星に貢献

【チーム採点・寸評】柏 7連動したパス回しで名古屋を翻弄し、前半に2ゴールを挙げて終始試合を優位に運んだ。納得の出来で5試合ぶりの勝利。名古屋 5プレスが甘く、柏のパス回しに揺さぶられる。一度は... 続きを読む

【柏】二度のACL広州恒大戦で掴んだ自信と突きつけられた課題

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝・第2戦で広州恒大に1-1と引き分け、敗退が決まった直後、工藤壮人は2年前とは違う感情を吐露した。 「2年前ほどの実力差、相手の衝撃はなかったので、... 続きを読む

【柏】ACL、第2ステージで結果を残せるか? 吉田監督の抜擢で始まった育成組織・トップ一貫化への道

 2年ぶりのACLベスト8を達成した柏は、8月25日に広州恒大との準々決勝第一戦に臨む。下部組織で実績を残し、今季トップチームの指揮官に抜擢された吉田監督は、現在の柏を語るうえで外せないキーマン... 続きを読む

【J1採点&寸評】柏×川崎|工藤の先制ゴールを守りきった柏が2試合連続の無失点勝利!

【試合内容】 互いにパスをつなぎながら攻撃を仕掛けるスタイルを標榜するチーム同士の対戦は、予想に違わず両チームが仕掛け合い、ゴール前のシーンが多い展開になった。  15分に柏が中央を崩して先制点を... 続きを読む

【柏】チームメイト、指揮官が絶賛する大谷の存在感。水原戦最大の勝因は背番号7の復帰だ

 5月19日に行なわれた水原三星ブルーウィングスとのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のラウンド16第1戦で、柏は3-2と勝利を飾り、ベスト8進出へ向けて大きく前進した。  この試合での最大の... 続きを読む

【柏】献身のFWから点を取るFWへ――工藤壮人がACL山東戦で見せたストライカーの資質

 勝てばグループリーグ2試合を残して決勝トーナメント進出が決まる。しかし、3位につける山東魯能にとっては“背水の陣”。しかも場所は独特な雰囲気が漂う中国でのアウェーゲーム... 続きを読む

【柏】理想か現実か――吉田レイソルが見せた“もうひとつの顔”

 1月のチーム始動当初、吉田達磨監督は「相手を壊しにいくようなサッカーをしよう」と選手たちに伝え、“ボールとスペースを支配する攻撃的なスタイル”を掲げた。厳密に言えば、そ... 続きを読む

【ACL第1節】全北現代 0-0 柏|5バックでなんとか守り切るも攻撃に可能性薄く

 柏は新体制発足から一貫して採用してきた4-3-3ではなく、「高さに対応しなければいけない」「サイドでのアプローチも時間を短縮したかった」(吉田達磨監督)との理由から、増嶋竜也、鈴木大輔、エドゥ... 続きを読む

【J新指揮官の肖像】柏・吉田達磨監督|トップからアカデミーを貫くスタイルの産みの親

 今季、柏は吉田達磨新監督の下、新たな体制でスタートを切った。監督初采配となる40歳の青年監督は、名将と謳われたネルシーニョ前監督から引き継いだチームをどう導こうとしているのか。新指揮官のサッカ... 続きを読む

【柏】「相手を壊しにいくサッカー」を掲げ、初の対外試合は6-0の圧勝!

 昨年まで指揮を執ったネルシーニョ監督は、相手を分析し、それに対抗する策を選手に授けるというリアクション要素の強いスタイルだったが、今季から新たに就任した吉田達磨監督は「相手を壊しにいくサッカー... 続きを読む

J1後半戦へのビジョン|柏編|主力2名の退団も、アタックの再構築で巻き返しへ

 約2週間に渡る韓国キャンプ終えたばかりの柏に、システム変更や選手のコンバートといった新たな取り組みは見られなかった。今回のキャンプで柏が重きを置いたのは、攻撃力の向上である。序盤戦では勝ち切れ... 続きを読む

レアンドロ・ドミンゲスの電撃退団・移籍の裏に見える智将ネルシーニョの計算

 2011年のJリーグMVPであるレアンドロ・ドミンゲスが、約3年半在籍した柏を退団。6月8日、名古屋への完全移籍が発表された。  世間を騒がせたL・ドミンゲスを巡る問題を改めて整理すると、こうだ... 続きを読む

海外日本人

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ