【2015総括】柏編|チームとしての未熟さ、勝負弱さを改善できず。好不調の波も大きかった

カテゴリ:Jリーグ

鈴木潤

2015年11月26日

先制されると6戦全敗。劣勢を撥ね返すパワーにも欠けた。

“ピッチ上の指揮官”としてチームをまとめた大谷の戦術眼とキャプテンシーは卓越していた。 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1第2ステージは広島が優勝。年間勝点でも広島が浦和を抑えて頂点に立ちレギュラーシーズンは幕を閉じた。今季の34試合をJ1全18チームはいかに戦ったのか? 各クラブの担当記者が、11月22日で今季最終戦を迎えた2015シーズンを振り返り総括する。
 
――◆――◆――

柏レイソル
年間成績:10位 勝点:45 12勝9分13敗 46得点・43失点
第1ステージ成績:14位 勝点:18 4勝6分7敗 22得点・25失点
第2ステージ成績:8位 勝点:27 8勝3分6敗 24得点・18失点
 
【2015シーズンの出来を点数で表わすと?】
50
 
 年間順位は10位と中位に終わり、吉田監督が「100段中の40段ぐらいを進んだところ」と現在のチームの完成度を表現したことなどを踏まえ、半分の出来と評価した。
 
 前任のネルシーニョ監督のスタイルとは真逆のサッカーへ舵を切った方向転換と、トップチームでは監督1年目とその手腕が未知数だった吉田監督の就任を考えれば、危険性をともなうスタートだった。開幕直後こそ強さを発揮したが、シーズンが進むにつれて未熟さを露呈し、内容が良くても勝ち切れない試合が続いた。
 
 夏場に持ち直し、第2ステージでは優勝戦線に食い込んだが、9月以降の浦和、G大阪、鹿島との上位直接対決でことごとく敗れて優勝争いから脱落する。チームとしての未熟さ、勝負弱さがシーズンを通じて改善できず。年間勝点1位の広島に3-0と圧勝したかと思えば、下位のチームに星を落とすなど好不調の波も大きかった。
 
 第2ステージでは先制した試合が8勝2分に対し、先制されると6戦全敗と、劣勢を撥ね返すパワーにも欠けた。
 
 それでも、パスをつないでビルドアップをしていく能力は全体的に向上し、明らかに上積みは見られた。来季に指揮を執るミルトン・メンデス新監督は戦術的に継続性があるというが、Jリーグ初采配となるだけに行方はまったく読めない。
 
【今季のチームMVPは?】
大谷秀和(MF
 
 チーム最多の14ゴールを記録したクリスティアーノもMVP候補のひとりだが、新戦術へ移行するなかで、“ピッチ上の指揮官”としてチームをまとめた大谷の戦術眼とキャプテンシーがなければ、もっと苦しんでいた可能性もある。大谷自身の安定感と、チームに与える影響力の大きさを考えて、やはりMVPは彼しかいない。
 
文:鈴木 潤(フリージャーナリスト)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ