Aリーガー田中裕介が語る「Jクラブがアジアで苦戦する理由」

カテゴリ:特集

江藤高志

2015年05月26日

「東地区のベスト4は柏、全北、広州恒大、ガンバと予想している」

ACLで勝ち残っているG大阪や柏の戦い方は、今のアジアのなかでは結果を出しやすいと田中は言う。(C) Getty Images

画像を見る

――アウェーでは、さっきも言っていたように勝点1を取るためにどう戦うのか、という部分がAリーグやアジアの戦いでは、ベースになってくる。
 
「そのなかでは、クリアすることも必要になる。あるいは汚いファウルをすることも必要なのかもしれない。ガンバの岩下くんのプレーが議論になっていましたけど、まさにその部分を(大久保)嘉人さんが言っていた……」
 
――あれは(止められた)大久保選手が褒めていましたが、あそこで止められなかったらやられていた。だからこそ止めるわけですが、そういう汚さは、日本人にもう少し必要な気がします。
 
「そういう気持ちも必要なのかもしれない」
 
――話がおかしくなったのは、あれがレッドでなかったということ。ペナルティとしては甘かった。
 
「そうですね。結局、川崎はあそこで勝点2を失ったかもしれない。その対価がイエローカードだとしたらつり合わなかったですね」
 
――本当は、ああいうファウルはダメだけど。
 
「ダメだけどね(笑)」
 
――FCソウルについてはどう思いました。ラウンド16でG大阪が戦っていますが?
 
「ソウルは正直一番弱かったです。ワンダラーズでリーグ戦を戦ったなかでは。去年、川崎で戦った時よりは、あまり強さは感じなかった。2分けだったんですが、内容ではウチらが2試合とも良かったですし、ビッグチャンスもワンダラーズの方が多かった」
 
――たとえ上手さはなくても、勝ち抜く強さをソウルは持っていたということでしょうか?
 
「というか、彼らは慣れていた。ソウルはずっとACLに出ていて、大負けしないけど、大勝もしない、というスタイル。だからグループリーグではその戦い方が合っていたのかもしれない。ただ、決勝トーナメントではガンバが勝つんじゃないかと思っていて、実際に1戦目はそうなりました」
 
――つまり、ソウルはリーグ戦の戦い方を知っていたのだと?
 
「結果的にグループ敗退にはなりましたけど、ワンダラーズと鹿島が上にいっても不思議じゃなかった。ポテンシャル的なことを言うと、この2チームの方があったかもしれない。広州は外国人選手が凄かったけど、広州とソウルのやっているサッカー自体は、別にそんなに良くはなかった。ただ、上に上がったのはその2チームだから、サッカーは分からないと思いました」
 
――ガンバは普通にやれば勝てそうだということですかね。
 
「俺の予想では、上にいくのは柏、全北、広州恒大、ガンバかなと。それは俺の東地区のベスト4。北京国安も良いと聞いているので、全北との対戦は注目しています」
 
取材・文:江藤高志(川崎フットボールアディクト編集長)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ