連載|熊崎敬【蹴球日本を考える】ACLで大苦戦 「球際に弱い」日本サッカーのなぜ

カテゴリ:Jリーグ

熊崎敬

2015年03月19日

普及の成果が勝利には結びついていない。

三冠王者のG大阪が3試合を終えて未勝利。日本勢が大苦戦を続けるACLから何が見えるのか。 (C) Getty Images

画像を見る

 ACLグループステージは3節を消化して、日本勢3チームが敗退の危機に立たされている。2勝1分けの柏を除けば、浦和と鹿島が3戦全敗、G大阪が1分け2敗と勝利から見放されている。
 
 ACLでの不振に加え、代表チームもアジアで勝てなくなった。A代表はブラジル・ワールドカップで1分け2敗と惨敗し、アジアカップはベスト8止まり。U-20ワールドカップは4大会連続で出場を逃している。加えてU-17ワールドカップも、連続出場が5回で止まった。日本サッカー界は明らかに弱体化している。
 
 ACLのテレビ中継で、このところ頻繁に耳にするフレーズがある。それは「球際に弱い」だ。
 たしかに日本人は球際に弱い。足先だけでプレーして、簡単に体を入れ替えられるシーンを目にする。
 
 こうしたシーンを見て「球際に負けるな」、「戦え」と要求したところで、一朝一夕には治らないものだ。
 Jリーガーが球際に弱いのは、幼いころに球際に弱いプレーしかしてこなかったからだ。誤った習慣を正そうと思ったら、幼いころから正しいプレーを身につけるしかない。
 
 結果が出ていないとはいえ、サッカーの普及という点で見れば日本はアジアでもトップだろう。これだけ多くの少年少女が恵まれた環境でサッカーに励んでいる国はない。
 韓国や中国に比べれば裾野は間違いなく広大だ。中国は人口こそ多いが、「足球(中国語でサッカー)は不良のやるもの」というイメージが強く、親から敬遠される傾向にある。
 
 裾野が広がれば当然、山の頂点は高くなる。ブラジルが世界最多5度のワールドカップ優勝を果たしているのは、世界一広い裾野を持っているからだ。
 だが、日本は普及の成果が勝利には結びついていない。なぜか。
 
 これはひと言でいえば、「教育」が間違っているという他ない。
 日本サッカー界は普及には成功したが、普及することで、本来遊びであるはずのサッカーを大人が過度に管理するようになってしまった。その結果、サッカーをすることが塾の延長のようになっている。
 こうした論理優先の環境では、子どもたちは本来持っているはずの闘争心を爆発させることはできない。もちろん、サッカーの本質である戦いを身につけることなどできない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ