Aリーガー田中裕介が語る「Jクラブがアジアで苦戦する理由」

カテゴリ:特集

江藤高志

2015年05月26日

「日本人のスキルが高いことはAリーグの選手も分かっている」

2014-15シーズンのWSWは、リーグ戦を9位で終えるなど不調に終わった。来季はACL出場を目指すシーズンとなる。(C) Getty Images

画像を見る

――よく日本人選手は「上手い、テクニックはある」と言われますが、それについてはどう思いますか?
 
「そう思います。あとは頭がいいと思います」
 
――サッカーの地頭がいいと?
 
「Aリーグの試合を見ていると、選手がまだサッカーを分かっていない感じがします。実際にJリーグとAリーグでプレーして感じましたが、日本人の方が分かっているように思います。Aリーグの中でもJリーグの方が良いサッカーをしているというのはみんな理解している。
 
 選手ももちろん分かっていて、俺らのグループは広州恒大とFCソウル、鹿島だったんですが、チームメイトはみんな『鹿島が一番良いチームだった』と言っていました。つまり、鹿島のようなサッカーをするチーム、前にデカい選手はいないけど、すばしっこくて、いわゆる日本人っぽいサッカーをみんな評価していた。けど、やっぱり勝ち上がれなかった」
 
――つまりサッカーの内容に関してはリスペクトしていて、それをどう封じるのかを考えていたと?
 
「そうです。だから日本人が長けている分野があって、それ以外のところで自分たち(オーストラリアのチーム)が上回れないと勝てない。ただ、日本のチームにウィークポイントがないわけではない。高さだとか、強さだとか。逆にソウルがセットプレーで取っているのは、彼らの強みがそこにあるからだと思います」
 
――ワンダラーズに関して言えば、ACLで勝ち抜くために必要なものは何でしたか?
 
「うーん…。今年に関して言えば、ワンダラーズはホームで勝てなかった。3試合で1分け2敗なので、これは論外。ホームでは勝たないといけない。だからセオリーはホームで勝ち、アウェーで引き分け以上だけど、ホームで勝点を拾えなかったのが痛かった」
 
――今年のワンダラーズはAリーグでも調子が悪かったですね。
 
「ホームの雰囲気があまり良くなかったということもあったようです。去年からいる選手に聞くと、『去年まではスペシャルだった』と。でも『今年は数えるほどしかそういう試合がなかった』ということを話していました。自分では分からなかったですし、良い応援はしてくれてましたけどね」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月11日号
    1月28日発売
    2021年度版
    J1&J2全42クラブ
    戦力充実度
    ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ