宮本恒靖、葛藤と苦悩の111日間~ガンバ大阪はいかにしてV字回復を遂げたのか

カテゴリ:Jリーグ

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年11月28日

小野瀬と千真。みずからリストアップして、獲得を強く望んだ

今季のホーム最終戦、J1第33節の長崎戦で9連勝を達成。なかなか勝てなかった夏を思えば、望外の快進撃だ。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 夏のスマッシュヒットとなったのが、ふたりの新戦力の加入だ。J2のレノファ山口で10得点を挙げていた小野瀬康介を獲得し、手薄だった右サイドを補強。さらにヴィッセル神戸の熟練FW、渡邉千真をも完全移籍で釣り上げた。宮本と強化サイドのファインプレーであり、反撃へのひとつの原動力となった。

「結果が出ないなかでも、先に点は取れていた。こういう形で点は取れるチームなんやと。ただ後半の15分過ぎにパワーが落ちてきたときに、ピッチに入って推進力を上げる選手がいなかったりとか、いろいろ見えた時期でもありました。そのなかで、小野瀬と千真を獲れたのは効果的だったと思います」

 両選手とも、宮本がみずからチェックして獲得を強く求めた。

「J2の試合を春先からずっと観察していて、小野瀬についてはずっと気になっていました。良い選手やなと。ガンバには仕掛けられる選手が少ない。右サイドのところで、ウィジョやアデと一緒に速い攻撃を完成させる選手が欲しかったんです。千真も必要としていたタイプのフォワードでした。ウィジョがアジア大会でいなくなるなかで、誰を獲るべきか。いろんな候補者があるところで、前でボールをしっかり収められて、ヤットやシュウ(倉田秋)が前向きにプレーできる選手が最適やろうと。それが実現すれば時間が作れて、サイドバックが高い位置を取れる。押し込んだ状態を作れる。ふたりともすごく欲しい人材でした」

 
 小野瀬は「(監督は)僕をJ1に連れてきてくれた恩人です。入団前に直接電話をもらって、僕のどこに期待をしていて、どんな役割を求めているのかを細かく説明してくれた。もっと期待に応えなきゃダメですね」と語る。

 5月に右足の手術を受けた今野泰幸の復帰も、特大の朗報だった。名ボランチの帰還を受けて、宮本は川崎フロンターレ戦でマイナーチェンジを施す。システムを4-4-2から3-4-2-1に変更。これがひとつのショック療法となるのだ。

「どうしても4バックは終盤にやられる傾向にあった。弦太(三浦)を右に出したりもしましたけど、もう9月に入るし、守備から入って相手の特徴を消しながら試合を作るほうに、戦い方を変えていってもいいのかなと。コンちゃんが復帰してくるタイミングでもありましたし、ガラっとやり方を変えてね。小野瀬が入ってきてカウンターが打てるようになった、千真が前線で献身的な守備をしてくれているなとか、いろんなことを考えた結果です。あとは4-4-2でブロックを作る相手を、フロンターレが得意にしているという印象もあったんで」

 得点はともにセットプレーによるものだったとはいえ、思い描いたプラン通りにゲームを進め、J1王者を2-0で撃破した。ここから、怒涛の連勝がスタートするのだ。

<後編につづく>

取材・文●川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

後編はこちら

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ