金メダルで歓喜に沸く韓国イレブン…ガンバのエースは静かに日本ベンチを訪れた

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年09月02日

僚友・初瀬を抱き寄せて…

大会前には実力を疑問視する声が国内メディアから上がったファン・ウィジョだが、ゴールラッシュを決め込んで雑音を封じた。今季J1の勢いをインドネシアに持ち込んだ。写真:早草紀子

画像を見る

 インドネシアで行なわれたアジア大会・男子サッカー競技決勝は、延長戦の末に2-1で韓国が日本を下した。粘り強い守備対応で均衡を保っていた若き森保ジャパンだったが、ソン・フンミンのお膳立てを受けたイ・スンウ、ファン・ヒチャンにそれぞれゴールを許し、上田綺世の得点で1点差に詰め寄るも、あと一歩及ばず。2大会ぶりの優勝を逃した。
 
 今大会で9ゴールを挙げて得点王に輝き、韓国の金メダル奪取にMVP級の働きを示したのがファン・ウィジョだ。言わずと知れたガンバ大阪のエースで、今季J1でも20試合に出場して9得点と気を吐いている。今回はオーバーエイジ枠に抜擢され、期待に違わぬハイパフォーマンスを披露。決勝では得点こそ挙げられなかったものの、屈強なポストワークと思い切りのいいシュートで日本守備陣の脅威となった。

 
 そんなファン・ウィジョが試合後に取った紳士的な振る舞いに着目したのが、韓国の全国スポーツ紙『スポーツソウル』だ。以下のように報じている。
 
「タイムアップの瞬間、韓国の選手たちは思い思いに喜びを爆発させた。ソン・フンミンや何人かの選手たちは韓国国旗を持ち込んでウイニングランを敢行。だが、ファン・ウィジョだけはエキサイトすることなく、静かに日本ベンチへと駆け寄った。対戦相手の選手たちと握手を交わすと、ガンバのチームメイトで5つ年下のリョウ・ハツセ(初瀬亮)を抱き寄せ、励ました。自分の喜びよりも、落ち込む後輩を気遣ったのだ。称えられて然りのアクションである」
 
 G大阪でも礼儀正しい好青年としての定評があり、ファンサービスにも熱心な26歳。試合後は「ほかにも点が取れる選手がいたなかで、僕を抜擢してくれたキム・ハクボム監督に感謝したい。この仲間たちと優勝を勝ち取れていまは胸がいっぱいだ」とコメント。今後はA代表にも返り咲き、レギュラー争いに名乗りを上げるはずだ。
 
 そして、J1で残留争いに苦しむG大阪にとっては、待望のエース帰還となる。不在の間にヴィッセル神戸から加入した渡邉千真との連携をどう構築していくのかなど、ファン・ウィジョを中心に新たな攻撃の形が模索されるだろう。

参照元:スポーツ・ソウル

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ