宮本恒靖、葛藤と苦悩の111日間~ガンバ大阪はいかにしてV字回復を遂げたのか

カテゴリ:Jリーグ

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年11月28日

「指揮官ツネ」のイズムに迫る!【前編】

青と黒の誇りを胸に闘った「111日間」。ガンバ大阪の宮本恒靖監督が、熱き想いのすべてを語り明かす。写真:川本学

画像を見る

 宮本恒靖のスマホに着信があったのは、7月22日の夜だった。ガンバ大阪U-23の盛岡遠征を終えて帰阪。自宅で疲れた身体を癒していた矢先だ。

 前強化部長に「明日クラブハウスに来て話ができるか?」とだけ問われ、「分かりました」と答えた。その日、トップチームは清水エスパルスに敗れて5戦勝ち星なしとなり、順位も16位に転落。宮本のなかに少しばかりの予感はあったものの、話の内容は判然としない。翌日からJ3が中断期間に入るため、実は家族旅行を予定していたが、宮本は急きょひとりだけ外れた。朝一番でパナソニックスタジアム吹田に向かったのである。

「そこで監督就任のオファーを初めてもらったんです。なんの前触れもなかったし、まるで準備もしてなかったんで即答はできなかった。持ち帰らせてほしいと伝えましたね。それが朝の8時か、9時くらい。で、お昼過ぎに『やります』と返事しました。もう旅行に出かけている家族には、監督のオファーを受けることにしたよとだけ、電話で伝えました」

 
 即答しなかったと、宮本は言った。決断に至るまでの2~3時間、彼はひとりでなにを考えていたのだろうか。

「じゃあ監督をやらせてもらうというなかで、なにが問題になるのかと。即答はできなかったけど、いまチームが窮地に陥っている状況で自分がやるしかない、できることがあるとは思っていました。いろいろと整理する時間でしたね」

 腹は決まったが、当然、オファーを受諾するうえで確認したいことは山ほどある。ファン・ウィジョがアジア大会参加で離脱するため、前線の補強は急務。そこに新戦力の獲得はあるのか。U-23チームの監督として1年半を戦った自分をクラブはどう評価し、今回のオファーに至ったのか。そして、他に打診している監督はいるのかなど、多岐に渡った。これらをすべてクリアにしたうえで、宮本は契約書にサインをした。レヴィー・クルピに取って代わる指揮官の座に就き、新たな政権が誕生したのである。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ