中村俊輔、本田圭佑、柴崎岳らが背負う"ナンバー10の使命"――ジーコ元日本代表監督が、中村を使い続けた理由とは

カテゴリ:Jリーグ

加部 究

2016年03月17日

日本人の看板選手が長く10番を背負い続ける時代には、チームカラーも鮮明に浮き出る。

伝統ある鹿島の10番をつける柴崎。クラブはこの日本代表候補ボランチに未来を託した。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 こうして振り返っても、日本人の看板選手が長く10番を背負い続ける時代には、チームカラーも鮮明に浮き出る傾向が見て取れる。名古屋のドラガン・ストイコビッチ、鹿島のビスマルク、川崎のジュニーニョ、浦和のポンテなど、いくつか特筆に値する歴史もあるが、概して入れ替わりが激しい助っ人に10番を託しているうちは、安定的な好成績が望み難いのかもしれない。
 
 今年のJ1では、神戸と磐田が10番不在でシーズンを迎えた。神戸はようやく若い10番・森岡亮太を育て上げたが海外へ移籍。次期候補は生え抜きの小川慶治朗あたりだろうか。
 
 磐田は黄金時代には藤田俊哉が10番を背負ってきたが、まだ名司令塔だった名波浩監督の眼鏡に適う10番が不在なのか、あるいは小林祐希と川辺駿を見極めているところなのか。
 
 一方生え抜きの梶山陽平が10番をつけて9年目を迎えるFC東京は「ここでひとつのピークを作りたい」(立石敬之ゼネラルマネージャー)という。他にもG大阪では二川孝弘が14年目、福岡で城後寿が9年目、横浜で中村俊輔が計7年目、鳥栖でもキム・ミヌが7年目と、転換期が迫るクラブも少なくない。
 
 日本が右肩上がりを満喫していた頃は、次々に10番候補が湧き出てきた。さらに新しい看板をどれだけ掲げられるのか、そこにリーグの活気回復の重要な鍵がある。

文:加部 究(スポーツライター)

※『サッカーダイジェスト3月10日発売号』では、「2016 Jリーグ開幕記念企画 Jを動かす新・背番号10」と題して、広島の浅野拓磨、浦和の柏木陽介、川崎の大島僚太のインタビュー、さらに鹿島の元10番・本山雅志が語る柴崎岳、43人の現役10番が選ぶ「史上最強の10」など、10番にまつわる話題を一挙に紹介します。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ