• トップ
  • ニュース一覧
  • 【日本代表】香川にゴールを期待するのはナンセンス。ドルトムントでのプレーを検証し、背番号10の活かし方を探る

【日本代表】香川にゴールを期待するのはナンセンス。ドルトムントでのプレーを検証し、背番号10の活かし方を探る

カテゴリ:日本代表

清水英斗

2015年11月11日

「ゴールを決めてナンボ」は、もう過去の話。香川の評価軸は変わった。

香川のプレーの質は、1月のアジアカップ時から高かった。今はトゥヘル監督の戦術にバッチリかみ合い、好調が“絶好調”になった印象だ (C)Getty Images

画像を見る

 11月8日に行なわれたドルトムント対シャルケのルールダービーで、香川は先制ゴールを挙げ、3-2の勝利に貢献した。ヘディングで決めたこと自体も珍しいが、その内容も、相手DFに競り勝って頭で叩き込むという、香川らしからぬパワフルなゴールだった。
 
【写真】シンガポール戦&カンボジア戦に向けた日本代表23人

「香川、最近調子いいね」
 
 しかし、この評価は、半分正しく、半分は間違っている。
 
 昨季の後半戦、少なくとも今年1月のアジアカップの時点で、すでに香川のコンディションは上向き、プレーの質も高かった。そして今季は、トゥヘル監督が指揮するドルトムントの戦術にバッチリかみ合い、好調が“絶好調”になった。そんな状況である。
 
 首を傾げるのは、「香川はゴールを決めてナンボ」と思い込むひとだろう。だが、それはもう過去の話。すでに香川の評価軸は変わった。
 
 ドルトムントでは、ゴールゲッターではなく、状況をガラッと一変させるパサー、魔法使いとして新境地を切り開いた。ブンデスリーガ12試合で3ゴールという平凡な得点率だが、香川の中盤を活性化させるプレーぶりは高く評価されている。そして筆者も、これが香川というプレーヤーの生来の姿だと感じる。
 
 ところが、その生来の姿はドルトムント限定のもので、日本代表ではそれほど認識されていない。そこに、12日のアウェーのシンガポール戦で圧勝するためのポイントが隠されている。
 
 ドルトムントと、日本代表の違いはなにか?
 
 もちろん、FWの差はある。ムヒタリアン、オーバメヤン、ロイスが並び立つドルトムントのアタッカー陣は、スキル、スピードともに世界トップレベルだ。そして、彼らの鋭い飛び出しに、香川はぴたりとパスを合わせられる。彼らがマークされれば、香川が飛び出し、リターンパスをもらう。活かし、活かされる関係は、かなり成熟してきた。
 
 この点について、日本代表との差は大きいが、とはいえ、シンガポール戦で重要な焦点となるのは、ここではない。シンガポールはホームとはいえ、やはり基本的には引いて守る戦術がベースになると予想される。守りを固められれば、直線的な速さで点を決めるシチュエーションは限定される。
 
 そこで重要になるのは、『ギンタールート』だ。
【関連記事】
【日本代表】今回も“守り倒し”そうなシンガポール。攻略に必要なのは「攻撃の幅」(本田)と「フィニッシュの質」(宇佐美)
「今のシンジは非の打ち所がない!」特派記者が聞いた“KAGAWA”を大絶賛する現地ドルトムントの声
【日本代表】悲壮感を漂わせる香川。“スコアレスの悪夢”を払拭できるか
【韓国メディアの視点】Kリーグは“リストラの嵐”。日本行きが噂される韓国人監督の去就は?
【セルジオ越後の天国と地獄】シンガポールに「リベンジ」って、ハリルは恥ずかしくないのかな。また引き分けたら今度こそ「解任」だよ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ