岡崎慎司の運動量と献身性がキーポイント! プレミアリーグで首位を走る"レスター式"カウンターの妙とは?

カテゴリ:ワールド

清水英斗

2016年03月15日

今季の躍進は、『修理屋』の異名を取るラニエリの手腕が大きい。

堅守速攻を研ぎ澄ませたラニエリ監督の手腕は、評価されて然るべきだ。(C)Getty Images

画像を見る

 世界的な注目を集めている"堅守速攻"のレスター・シティ。堅牢なディフェンスから、奪ったボールをスペースへ蹴り込み、ジェイミー・ヴァーディーやリャド・マハレズらが技術とスピードで切り裂く。カウンターの決定力は、痛快そのものだ。

 本来ならば、レスターがプレミアリーグの首位を走る状況は考えにくい。なぜなら堅守速攻は、堅守速攻に対し、必ず問題を抱える。お互いに戦術を貫けば、0-0のスコアレスだ。あるいはリスク承知で殴り合うしかない。引いた相手を遅攻で崩し切れず、下位クラブから勝点を取りこぼすチームが、リーグ戦の王者になるのは難しい。

 ところが現実、レスターは3月15日時点で首位だ。彼らの快進撃は03-04シーズンのチャンピオンズ・リーグを思い出させる。当時は4大リーグのビッグクラブが、揃いも揃ってパッとしなかった。伏兵ポルトが優勝し、ジョゼ・モウリーニョが名声を博したのも、本命不在のシーズンであることが大きかった。
 
 今季のプレミアリーグも同じだ。通常のシーズンならば、1試合平均で勝点2.3ほどを挙げたビッグクラブが優勝する。しかし、今季は平均勝点2を超えるビッグクラブがひとつもない。

 モウリーニョ(チェルシー)は解任され、ルイス・ファン・ハール(マンチェスター・U)は風前の灯、マヌエル・ペジェグリーニ(マンチェスター・C)は今季限りでの退任が決まった。堅守速攻のレスターが平均勝点2.10で首位を走るのは、本命不在のシーズンならではの現象とも言える。

 もちろん、そのような外部要因を差し引いても、レスターは高く評価されるべきチームだ。今季の躍進は、『修理屋』の異名を取るクラウディオ・ラニエリの手腕が大きい。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ