【J1採点&寸評】広島1-1仙台|数的不利も我慢強く戦った仙台を高評価!MOMは劇的同点弾を演出したタフネス

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年02月27日

仙台――同点のシナリオ通りに試合を運んでみせた

最後の最後に力を振り絞り、チームに貴重な勝点1をもたらした関口。写真:徳原隆元

画像を見る

MF
20
 マルティノス 5.587OUT
スピードに乗って相手に脅威を与えることはできなかったが、守備をサボらずやってチーム力になる。

MAN OF THE MATCH
7 関口訓充 6.5
ポジションがどこでもチームのために奔走し、最後の最後に力を振り絞ってゴールへ向かい勝点1をもたらした。
 
32 氣田亮真 5.5HT OUT
ボールを前へ運ぼうとしても、フォーローがなく潰されていた。J1デビュー戦は苦い経験に。

FW
19 皆川佑介 5.562OUT
相手に怖さを与えることはできなかったが、それは致し方ない。もっとカウンターの起点にはなりたかった。
 
交代出場
MF

8 松下佳貴 6HT IN
後半から出場。攻撃時間を増やすことはできなかったが、ボックス内にも入ってゴールを守った。

MF
14 石原崇兆 5.562 IN
最初はサイドハーフで出場し、途中からサイドバック。柏に危険な場面も作られるなど、難しい状況が続いた。

DF 
25 真瀬拓海 -(79IN
ピッチに立ってから徐々に攻撃時間が増えていく。チームにパワーをもたらすことができた。

DF 
13 平岡康裕 -(87IN
吉野が足を攣ったことで出場。ベンチに背番号13が控えているのは頼もしい。

FW 
11 赤﨑秀平 -(87IN
難易度は高くないゴールだったが、ワンチャンスをしっかりと仕留める重要な仕事をやってのけた。
 
監督
手倉森誠 6.5
割り切った戦いをチームに徹底させ、自らが描いた同点のシナリオ通りに試合を運んでみせた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

構成●サッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ