【J1採点&寸評】浦和1-1FC東京|先制弾の阿部が出色のパフォーマンス!FC東京で高く評価したのは…

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2021年02月27日

浦和――伊藤敦はプロデビュー戦とは思えないほど堂々としたプレーぶり

【警告】浦和=なし FC東京=なし
【退場】浦和=なし FC東京=なし
【MAN OF THE MATCH】阿部勇樹(浦和)

画像を見る

[J1第1節]浦和1-1FC東京/2月27日/埼玉

【チーム採点・寸評】
浦和 6

セットプレーで失点し勝点3を取り逃したが、ボールを支配する新たなスタイルを垣間見せた。攻撃面のスピード不足などの課題は伸びしろでもある。

【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 6

正確なパントキックで攻撃の起点となる。53分の汰木へのフィードがつながっていれば、アシストもあり得た。

DF
3 宇賀神友弥 6.5

攻撃面のアイデアや迫力には欠けたものの、粘り強いマークでレアンドロやアダイウトンを自由にさせなかった。貢献度は小さくない。

4 岩波拓也 6
85分にFKを与えたり、90+1分には浮き球の処理を誤ったりと終盤にやや焦りが見られた。それでも後半途中までは落ち着いていた。

5 槙野智章 6.5
D・オリヴェイラとのマッチアップで完全に上回り、相手に攻撃の糸口を掴ませず。安心して見ていられた。

6 山中亮輔 6
守備では致命傷となるミスはほとんどなく、攻撃では果敢なオーバラップで左サイドを活性化。躍動感を抱かせた。
 
MF
15 明本考浩 5.5

走力は抜群で、献身的なプレスバックは目を見張るものがある。ただし攻撃時のクリエイティビティは物足りない。

17 伊藤敦樹 6.5
プロデビュー戦とは思えないほど堂々としたプレーぶり。よく走り、よく捌き、阿部とともにチームを落ち着かせた。

18 小泉佳穂 5(75分OUT)
細かいパスミスやボールロストが目立つ。ボールを積極的に受けても後ろ向きのパスが多かったのが残念だった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ