「え!オフサイドかよ!」開幕節でさっそくVARが適用! 浦和・杉本健勇の先制弾は“幻”に

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月27日

「静止映像見ると、足が数センチ出てる」

杉本の先制ゴールがVARで取り消しとなった。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ついに開幕を迎えた2021年シーズンのJ1リーグ。2月27日に埼玉スタジアム2002で行なわれた浦和レッズ対FC東京の一戦でさっそくVARが適用され、得点が取り消された。

 試合は、勝利でスタートダッシュを決めたい両者が立ち上がりから激しく球際で激突。すると開始わずか5分、高い位置で奪った浦和の小泉佳穂がペナルティエリア左にスルーパスを供給すると、これに杉本健勇が反応。最後は冷静に右足でゴールに流し込みネットを揺らした。

 しかし、主審は耳に手を当てるシグナルを見せてプレーが中断。VARオンリーレビューの結果、杉本がオフサイドだったとして先制ゴールが取り消しとなった。
 
 SNS上では、「杉本動き良さそうだな」「浦和・杉本のゴールがビデオ判定で覆ってノーゴールになった第1号?」「静止映像見ると、足が数センチ出てる」「え!オフサイドかよ!」といった声が寄せられている。

 お互いにボールを保持してチャンスを作るが、ゲームはスコアレスのまま推移している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】開始5分にVARが適用! 杉本健勇の先制弾がオフサイド判定で取り消しに
【関連記事】
終了間際に森重が同点弾! 浦和対FC東京は両者譲らず1-1のドロー決着。杉本の“幻の先制弾”も…
「良いCBいるじゃんって」内田篤人が推す今季のJリーグで“注目の若手”3人は?
【坪井慶介のJ1順位予想】守備が改善されれば横浜が面白い存在に、期待している古巣浦和は…
Jリーグが一部サポーターの違反行為で浦和&大分に懲罰。村井チェアマンの見解は?「今後このような行為が起きれば…」
「なぜクボを先発で使わないのか?」久保建英を1か月で“冷遇”する指揮官の回答は――

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ