「無双状態だ」1G2Aの浅野拓磨を現地メディアが絶賛! 今季12点目で、得点ランク2位に浮上!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月27日

15試合連続で先発し、チームの12連勝に貢献

セルビアで絶好調の浅野。現地サポーターからは「レジェンド」と称える声も。(C)Getty Images

画像を見る

 浅野拓磨が所属するセルビア1部のパルチザンは、現地時間2月26日にインジヤとアウェーで対戦し、6-0の大勝を収めた。先発した浅野は、1ゴールを含む3得点に絡む活躍をみせた。

 現地メディア『Sports Blic』は、日本人アタッカーの活躍ぶりを「セルビアで無双状態のサムライ」と絶賛した。

「パルチザンの攻撃の柱のひとつを担う浅野は、ピッチでその存在感を示し続け、15試合連続で先発を果たした。そして41分、敵陣でのミスを拾って味方のラザル・マルコビッチにスルーパスを送り、2点目のゴールを導いた。さらにアディショナルタイムには敵GKとDFのパスミスを誘発し、ミロシュ・ヨイッチのゴールを演出した」

 浅野はその後、チームの4点目を自ら決め、勝利を確実なものにした。

「51分には体勢を崩しながらも味方とのワンツーでエリア内に切り込み、DFに囲まれながらも冷静に右足でシュート。浅野にとっては2試合連続、今シーズン12得点目をマークし、まさに無双状態だ」

 また、現地紙『Vesli』オンライン版は、「2アシストは素晴らしいが、ゴールが何より素晴らしかった。浅野の1ゴール・2アシストは彼の好調ぶりを示す数字であり、チームの調子を引き上げている証拠でもある」と称えている。

 試合はその後に2ゴールを加え、6-0でパルチザンが快勝。リーグ12連勝を達成した。浅野は得点ランキング2位タイに浮上し、15ゴールで首位に立つラドニクのミラン・マカリッチとの差を3ゴールに縮めている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「なぜクボを先発で使わないのか?」久保建英を1か月で“冷遇”する指揮官の回答は――
「ベストプレーヤーを失った」冨安健洋の故障離脱に指揮官や伊メディアが嘆き!セリエA唯一の連続フル出場がついに途絶える
「もっと利己的になっていれば…」地元紙が推測する南野拓実とリバプールの“最悪のシナリオ”とは?
「え!オフサイドかよ!」開幕節でさっそくVARが適用! 浦和・杉本健勇の先制弾は“幻”に
キ・ソンヨンを巡る“性的暴行疑惑”は泥沼化! 被害者側が「決定的な証拠がある」と反撃の狼煙!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ