ウガンダ人の父を持つダイヤの原石はいかにして磨かれた?修徳高FWブワニカ啓太がジェフ千葉入りを決めるまで

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希

2020年10月13日

「このままプロになっても大成できないので、今のうちから取り組んでいく」

 5月にオファーを受け、千葉の一員となった。来季からはプロサッカー選手となる。生半可な気持ちでプロに行くつもりはないし、J入りがゴールでもない。ブワニカは言う。

「本当にオファーが来るとは思っていなかったし、話が来た時は『自分でいいのかな』って思った。でも、声を掛けてもらったので、しっかりと準備をしたい。このままプロになっても大成できないので、今のうちから取り組んでいく」

 コツコツと積み上げる才能と素直に助言を受け入れる姿勢は誰にも負けない。それがブワニカの成長を支える原動力だ。すでに始まっている高校サッカー選手権予選ではプロ内定者としてチームを牽引し、自身初となる全国大会出場の切符を勝ち取れるか。右肩上がりで成長を続ける男は貪欲に上だけを見て走り続ける。

取材・文●松尾祐希(フリーライター)
【関連記事】
高校の実力者たちが続々とJ内定! 今後の高卒プロ入りが有望視される逸材プレーヤー7選!
高校年代でも存在感は抜群の中学3年生!ヴェルディユースにまたひとり将来有望な逸材ドリブラーが出現
ガンバが獲得した2019年のU-15年代最高クラスの才能。街クラブの超逸材はなぜ世代最強チームを選んだのか?
「勝ててホッとした。でも…」青森山田の2年生エース松木玖生が異例の“同校決戦”後に漏らした想い
なんと今年度は4選手のJ入団が内定! 昌平高校はなぜ短期間で“埼玉の本流”となれたのか

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ