ガンバが獲得した2019年のU-15年代最高クラスの才能。街クラブの超逸材はなぜ世代最強チームを選んだのか?

カテゴリ:高校・ユース・その他

竹中玲央奈

2020年08月26日

夏冬の王者が獲得に名乗りを上げた逸材

昨年のメニコンカップでMVPを受賞した池田。現在はG大阪ジュニアユースで研鑽を積む日々だ。写真:竹中玲央奈

画像を見る

 昨年の3種年代において夏のクラブユースを制したのはサガン鳥栖U-15、冬の高円宮杯の頂点に立ったのはガンバ大阪ジュニアユースだった。近年育成に力を入れて成果も出してきている前者と、多くのA代表選手を輩出している国内屈指の育成の名門である後者。この二者が、とある街クラブのストライカーの獲得に名乗りを上げた。そして、最終的に“争奪戦”を制したのはG大阪だった。

 MIOびわこ滋賀U-15からG大阪ユースに加入 した池田怜央が争奪戦の渦中に居た選手だ。彼が表舞台に彗星のごとく現われたのは、帯広で行なわれた昨夏のクラブユースである。Jクラブを次々に撃破しベスト8に進出し、大会に旋風を起こしたチームを最前線で引っ張り、11ゴールを挙げて得点王に輝いた。

 MIOはこの大会において、守備から入り前方のスペースをFW陣が活かすカウンター戦術を採ったのだが、これが池田の爆発を促した。長いストライドで相手の前方へ潜っていくドリブルと遠目からでも枠を射抜くパンチ力あるシュートが面白いほどハマり、福岡、札幌などのJクラブから金星を奪う原動力となったのである。
 
「もともとシュートにもパンチ力があって上手いし、あとは自分の形に入ったら止められない。ドリブルの時に相手をすり抜けることもできる。その自分の間合いと、“飛び込めない”感がありますね」
 MIO U-15を率いる夘田貴之監督は池田の凄みをこう評す。ただ、このクラブユースでの大爆発には「僕もびっくり」と監督自身も驚きを隠せずにいた。

 そして、その大会の優秀選手たちが東西2チームに別れて争うメニコンカップでも池田は2得点を挙げ、大会MVPの座を射止めた。

「あの大会がなければ今の進路もなかった」と池田本人は語るように、この夏で彼の株は一気に上昇。強豪校やJクラブが彼へ触手を伸ばし始めたなか、選んだのはG大阪ユースだった。

 冒頭に記した通り、G大阪は高円宮杯で優勝し、頂点を取ったチーム。そして、同期のFWには南野遥海と鈴木大翔というアンダーの代表で常連の2人がいる。もちろん、どこへ進んだとて確約されたポジションはないが、最も難しい場所へ飛び込んだと言っても過言ではない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ