ウガンダ人の父を持つダイヤの原石はいかにして磨かれた?修徳高FWブワニカ啓太がジェフ千葉入りを決めるまで

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希

2020年10月13日

小学校時代はGKとして活躍、中学ではサッカーではなくバレーボールをやろうと…

千葉入りが内定したブワニカ啓太。修徳のストライカーとして最後の選手権に挑む。写真:松尾祐希

画像を見る

 代表歴もなければ、県選抜の経験も全国大会への出場もない。エリート街道とは無縁だった男は高校3年間で自身を磨き上げ、プロ入りの権利を掴んだ。

 10月1日、ジェフユナイテッド千葉は修徳高に所属するブワニカ啓太(3年)の獲得を発表した。最大の武器は豊富な運動量と跳躍力で、中盤より前のポジションであれば全てこなせる汎用性も魅力のひとつだ。修徳高では1年次からトップチームに帯同し、2年次からはレギュラーに定着。今季は4−4−1−1の1.5列目で自由に動き回りながら、得点に絡む役割を担っている。

 プロ注目の大型ボランチ・大森博(3年)とともにチームを牽引するブワニカ。「中学の時はプロになるなんて全く考えていなかった」と本人が苦笑いを浮かべたように、高校1年生までは無名の選手だった。なぜ、ブワニカはプロ入りを勝ち取れたのか。日本人離れした身体能力だけでプロになれるわけではないし、他を圧倒するサッカーセンスを持っていたわけでもない。いかにして、ダイヤの原石が磨かれたのだろうか。

◇   ◇   ◇

 日韓ワールドカップが開催された2002年の12月16日。ブワニカはウガンダ人の父と日本人の母の間に生まれた。両親はともにサッカー経験者。特に母親は中学時代になでしこリーグの下部組織でGKとしてプレーしたことがあり、サッカーは幼い頃から身近にあった。その中で本格的にキャリアをスタートさせたのは小学校4年生の時。両親の影響もあったが、テレビゲームを原作とするアニメ「イナズマイレブン」に登場するGK円堂守に憧れ、地元・松戸のラビットキッカーズに加わった。

 小学校時代はGKとして活躍。サッカーに熱中する一方で、自身の関心は友達と遊びでよくやっていたバレーボールに移りつつあった。中学ではバレーボールをやろう――。そう考えて松戸六中に進むが、まさかの出来事が起こる。仲の良かったサッカー初心者の友人が同部への入部を決めたのだ。

 バレーボールに強くこだわっていなかったこともあり、友達に連れられてサッカー部へ。将来を決める上で大きな出来事となった。

【PHOTO】2021Jクラブ、主な「高校&大学・新卒内定プレーヤー」をチェック!
【関連記事】
高校の実力者たちが続々とJ内定! 今後の高卒プロ入りが有望視される逸材プレーヤー7選!
高校年代でも存在感は抜群の中学3年生!ヴェルディユースにまたひとり将来有望な逸材ドリブラーが出現
ガンバが獲得した2019年のU-15年代最高クラスの才能。街クラブの超逸材はなぜ世代最強チームを選んだのか?
「勝ててホッとした。でも…」青森山田の2年生エース松木玖生が異例の“同校決戦”後に漏らした想い
なんと今年度は4選手のJ入団が内定! 昌平高校はなぜ短期間で“埼玉の本流”となれたのか

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ