• トップ
  • ニュース一覧
  • 「リオ世代最多出場」関根が五輪代表から落選。今年、国内招集なし。原口に続く選考の“理不尽”と“妥当性”について考える

「リオ世代最多出場」関根が五輪代表から落選。今年、国内招集なし。原口に続く選考の“理不尽”と“妥当性”について考える

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年07月12日

関根が心境を明かす。「慎三くんからも、『オイ、お前、落ちたぞ!』と言われました」

オーバーエイジで選出された興梠。関根への“一撃”にも、その裏には彼なりの想いと配慮が感じられる。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

アジア王者・広州恒大戦で、関根は武藤の決勝ゴールにつながるクロスを放つ。海外勢に対する強さは見せたが……。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 
 リオ五輪発表から9日経った柏戦のあと、関根に心境を尋ねた。
 
 関根はまず落選を知った時のことから話した。
 
「実は(6月18日の)広島戦の前に、記者の方から事前に『南アフリカ代表戦のメンバーに、どうやら入っていない』って知らされたんです(発表は20日)。意外な形で、落選を知った形でした。
 
 だから広島戦でゴールを決められて、吹っ切れたつもりだったんです。でも、なかなかチームが勝てず、苦しみました。だから、ようやくチームが勝ち出したけど、切り替えられたかと言われれば、言葉ではまだ上手く表現できない感じですね……」
 
 オーバーエイジで選ばれた興梠慎三からも、きつい“一撃”を見舞われたそうだ。
 
「そのあと慎三くんがオーバーエイジに選ばれることになって。そしたら慎三くんからも、『オイ、お前、落ちたぞ!』と言われたんです。ダメ押しですよ(苦笑)」
 
 やはり落選自体は「力不足」として受け止めているが、チャンスが限られていたことに対し、悔しさを感じているようだった。一方で、そこに届くかは分からないが、目指すべきこところは明確になった。
 
「もう、僕には年代別代表はなく、目指せるのはA代表しかありません。そこに絡めるように、ワールドカップで活躍するためにやっていきます。そこに向けて、浦和にひとつでも多くのタイトルをもたらすことはもちろん、世界で戦うことも目標になる」
 
 原口元気、大迫勇也、少し遡ると長谷部誠、さらに五輪に出場したが惨敗を喫した北京五輪世代……。20代前半のオリンピック世代で悔しさを味わった選手たちが現在、日本のサッカーシーンで強烈な存在感を放っている。日本代表でも貴重な存在だ。痛みなど誰も求めていないものの、真の悔しさこそ財産になるのかもしれない。
 
 しかし……誰もが納得する選手選考など皆無で、チームを司る指揮官の考えこそ最大に尊重されるべきだとは分かる。なにより五輪はサッカー選手にとって、あくまでも通過点にすぎない。
 
 それでも、J1で優勝を争うチームのレギュラーを2年間務め、アジア王者を撃破する立役者となり、最も公式戦の経験を積んでいる若いアタッカーが、ある程度は報われるようでなければ、最終的には日本代表につながっていく日本サッカーの本当の意味での底上げは難しいようにも感じてしまう。

 それこそ日本サッカー全体の停滞感を招いている一因が、このリオ五輪代表メンバーの選手選考の過程からも見えてくる気がする。チームづくりの「成熟」にこだわるあまり、活きのいい人材がまさに「旬」を迎えている時、年代別を含めた代表チームでプレーする機会を逸してしまっているのではないか――。
 
 もちろん、リオ戦士たちがブラジルのピッチで躍動して快進撃を遂げ、アジア最終予選以上のインパクトを与えてくれれば――18人に“託した”たくさんの人の想いは一切の文句なしに報われる。
 
 
取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)
 
  
 
【関連記事】
なぜ、FKを柏木ではなく阿部勇樹が蹴ったのか? 驚愕弾と“沈黙の3秒”の真相
【J1採点&寸評】浦和×柏|決定機8対6の撃ち合い、阿部が決勝FK弾! 柏の若きCBコンビは粗さはあったが可能性を示す
「年下と喋るのが苦手」興梠が遠藤に相談した結果? リオ五輪出場決定記者会見で、浦和のふたりが決意!
守備職人・今野が指摘した浦和の欠点。「いつも、こんな感じ。バランスはいいが…」
【浦和】“今年最も走った”主将の阿部勇樹が関根貴大ら若手に背中で伝えた想い。「プロになる前からの仲間」という引退宣言した鈴木啓太と交わした約束とは?
【浦和】五輪最終予選メンバーに落選した関根貴大が、原口元気から受けた“強烈”なアドバイスとは?
【ACL採点&寸評】浦和 1-0 広州恒大|遠藤がJ・マルチネスを抑え、関根がサイドを制圧。リオ五輪世代コンビが“突き抜ける”プレーを見せ、アジア王者との痺れる熱戦を制す!
【広島】ディフェンスリーダー千葉が感じたリーグ連覇への“現在地”

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ