【広島】ディフェンスリーダー千葉が感じたリーグ連覇への“現在地”

カテゴリ:Jリーグ

小田智史(サッカーダイジェスト)

2016年07月11日

「(鹿島とは)まだまだ差があると感じたし、挑戦者としてやらなければいけない」

鹿島戦ではプレスをかわし、ミドルシュートを放つ場面もあった千葉だが、「まだまだレベルアップしなければいけない」と感じたという。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 新システム「3-5-2」(アンカー+2シャドー+2トップ)がどこまで通用するか。J1第2ステージ2節・鹿島戦は、それを測る試金石と位置付けられていた。しかし--。広島にとっては厳しい現実を突きつけられる結果(●2-4)となった。
 
  従来の「3-4-2-1」では森﨑和が最終ラインに落ち、3バックを含めた4枚でビルドアップを行なうが、ボランチの枚数が1枚少ない新システムでは3バックのみ。2トップとサイドハーフ、さらにはボランチが連動した相手の厳しいプレスで数的優位(アウトナンバー)を作られ、限定されたパスコースにボールを送ったところを次々と狙われた。最終ラインを統率するリベロの千葉和彦は、鹿島戦についてこう振り返る。
 
「(鹿島は)隙を見せることなく上手くプレスをかけてきて、なかなか難しかった。チーム全体として(マークを)剥がしていくところが少ないと感じました。完敗です」
 
 第1ステージの対戦(●1-4)に続き、鹿島に対して2戦2敗。「簡単な試合じゃない」(千葉)と覚悟していたにもかかわらず、大量4失点を喫しており、DFとしては悔しい以外の何物でもないだろう。
 
「球際の部分だったり、耐えるところはしぶとくやらなきゃいけない、と言葉にするのは簡単だけど、実際に試合の中でやるのは難しいことだと思い知らされました。結果的に負けてしまって、(第1ステージ覇者の鹿島とは)まだまだ『差があるな』、『レベルアップしないといけないな』と痛感したし、挑戦者としてやらなければいけない」
 
 千葉は浮き彫りとなった“差”を受け止めつつ、「でも……」と今後の進むべき道について言葉を続ける。
 
「(プレスを)剥がして、そこからショートカウンター気味に行ける時もありました。あれを自分たちの狙いとして、どんどんやっていけるようにしたいですね。たしかに1ボランチでひとり少ないですけど、プレスを受けても剥がせないとダメ。自分たちのベースを出して、攻撃に行かないと勝てないので」
【関連記事】
【広島】“魔の3分間”に呑まれた大魔神・林。「この悔しさは勝っていくことでしか晴らせない」
【J1採点&寸評】広島×鹿島|広島の新システムを封じた鹿島が完勝。大量得点の口火を切った遠藤を殊勲者に
【広島】ピッチ上の指揮官“ドクトル・カズ”が語る3-5-2システムの可能性
「リオ世代最多出場」関根が五輪代表から落選。今年、国内招集なし。原口に続く選考の“理不尽”と“妥当性”について考える
広島の新システムを影で支えるスーパーリベロ千葉の「不変の哲学」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ