「リオ世代最多出場」関根が五輪代表から落選。今年、国内招集なし。原口に続く選考の“理不尽”と“妥当性”について考える

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年07月12日

浦和で2年連続レギュラーとして上位を争い、アジア王者撃破も演出。しかし今年、手倉森ジャパンには海外遠征1回しか招集されず――。

常に上位を争う浦和で、ユース昇格2年目からレギュラーを務める関根(24番)。しかし、今年一度しか手倉森ジャパンに呼ばれず、リオ五輪代表メンバーから落選した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 浦和のMF関根貴大がリオ・デ・ジャネイロ五輪の日本代表メンバーから外れた。
 
 リオ五輪世代にあたる23歳(1993年生まれ)以下の日本人アタッカーのなかで、今季のプロ公式戦で最多の出場時間を記録しているのが関根だ。しかもJ1の上位争いとアジア最高峰のACLというハイレベルで、コンスタントにピッチに立ってきた。
 
 この2年間はU-19日本代表の活動や、JリーグとACLの過密日程もあり、手倉森ジャパンに招集された機会は限られた。最初は昨年10月の九州合宿。続いて12月のカタール遠征。

 そして今年は3月のポルトガル遠征のみ。Jリーグ2ステージ制の弊害とも言える超過密日程により、その後の静岡合宿、親善試合のガーナ戦、トゥーロン国際大会と、いずれも未招集だった。国内の合宿や試合には呼ばれずにいた。
 
 それだけに、リオ五輪の最終登録メンバー発表直前に組まれたメンバーの最終選考の意味合いの濃かった6月29日の南アフリカとの強化試合に、関根は選出されるはずだと予想された。この世代である意味一番の経験を積んできた浦和のウイングが、どのように成長しているのか、手倉森監督に直接見せる機会がほとんどなかったのだから。
 
 だからリオ五輪代表メンバー発表時より、南アフリカ戦のメンバーから関根が外れた時のほうが、驚きは大きかった。その結果、リオ五輪代表メンバーからは必然的に“落選”した。
 
 もちろんリオ五輪代表メンバー18人の陣容に、いささかの不満も文句もない。アジア最終予選のメンバーに、その時負傷していた中村航輔とオーバーエイジ3人が加わった。ロンドン五輪世代以上に、もしかすると、A代表に定着していくかもしれない――。そんな期待を抱かせてくれる、武骨で可能性のあるメンバーが揃った。

 ただ、ひとつ不憫でならない。それは関根に「ラストチャンス」が与えられなかったことだ。それは南アフリカ戦直前の試合でゴールを決めていた鎌田大地や金森健志にも言えることかもしれない。

なぜ、FKを柏木ではなく阿部勇樹が蹴ったのか? 驚愕弾と“沈黙の3秒”の真相
 
【関連記事】
なぜ、FKを柏木ではなく阿部勇樹が蹴ったのか? 驚愕弾と“沈黙の3秒”の真相
【J1採点&寸評】浦和×柏|決定機8対6の撃ち合い、阿部が決勝FK弾! 柏の若きCBコンビは粗さはあったが可能性を示す
「年下と喋るのが苦手」興梠が遠藤に相談した結果? リオ五輪出場決定記者会見で、浦和のふたりが決意!
守備職人・今野が指摘した浦和の欠点。「いつも、こんな感じ。バランスはいいが…」
【浦和】“今年最も走った”主将の阿部勇樹が関根貴大ら若手に背中で伝えた想い。「プロになる前からの仲間」という引退宣言した鈴木啓太と交わした約束とは?
【浦和】五輪最終予選メンバーに落選した関根貴大が、原口元気から受けた“強烈”なアドバイスとは?
【ACL採点&寸評】浦和 1-0 広州恒大|遠藤がJ・マルチネスを抑え、関根がサイドを制圧。リオ五輪世代コンビが“突き抜ける”プレーを見せ、アジア王者との痺れる熱戦を制す!
【広島】ディフェンスリーダー千葉が感じたリーグ連覇への“現在地”

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ