長友や香川が好調な一方、本田は結果を残せず…日本代表メンバーの直近試合におけるパフォーマンスは?|海外組編

カテゴリ:日本代表

2015年11月09日

2ゴールに絡んだ武藤はチーム最高評価を得る。

ヴォルフスブルク戦の武藤は、アシストを記録したうえ、ポストプレーやフォアチェックなど泥臭い仕事をしっかりこなし、チーム最高評価を得た。(C)Getty Images

画像を見る

FW
武藤嘉紀(マインツ=ドイツ)

対 ヴォルフスブルク(○2-0/11月7日)
ビルト紙の採点:2(先発フル出場/1アシスト)
 
 マッリとの2トップで臨んだ12節のヴォルフスブルク戦では、デ・ブラシスの先制点に繋がる確度の高いポストワークと、マッリの追加点に結び付いた好アシストを披露した。
 
 奪ってから素早く攻めるチーム戦術を機能させるキーマンとして躍動し、ドイツ紙『ビルト』からチーム最高評価となる「2」の採点をつけられた。
 
 この試合に限らず、常に決して足を止めず献身的に守備でも貢献するなど、フィジカル、メンタル両面の充実ぶりが際立っている。
 
 
FW
原口元気(ヘルタ・ベルリン=ドイツ)

対 ハノーファー(○3-1/11月6日)
ビルト紙の採点:3(先発フル出場/1アシスト)
 
 敵地で完勝した直近のハノーファー戦では、まずまずのパフォーマンスを見せた。
 
 4-3-3の左ウイングとして先発し、10分にはペナルティーエリア内で敵ふたりをかわしてシュート。
 
 そして、33分にはバイタルエリアまでドリブルでグイグイと持ち運んでからラストパスを送り、カルーによる先制点をお膳立てした。
 
 自らのフィニッシュに対する意識も強く、この試合では最多となる4本のシュートを放ったが、4節のシュツットガルト戦以来となるゴールは奪えなかった。
 
 
FW
南野拓実(ザルツブルク=オーストリア)

対 オーストリア・ウィーン(△1-1/11月7日)
先発(83分OUT)
 
 首位オーストリア・ウィーンの本拠地に乗り込んだ15節の天王山は、4-4-2の右サイドハーフとして先発出場。
 
 サイドをぶち破るようなドリブル突破は見られなかったが、不用意なボールロストが少なく、小気味の良いパスで攻撃にアクセントを加えた。
 
 最大の見せ場は70分。主将ソリアーノからのパスをエリア内で受け、右斜め45度から右足シュートを放つ。
 
 しかし、その強烈な一撃は右ポストを直撃。国内リーグでの今シーズン8点目はお預けとなった。
 
文:遠藤孝輔、サッカーダイジェストWEB編集部、ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
西川が絶好調、金崎は不発に… 日本代表メンバーの直近のパフォーマンスは?|国内組編
ミランが「自滅」のスコアレスドロー。途中出場の本田は攻守で一度ずつ明確な貢献
香川の「記憶にない」ヘッド弾炸裂! ダービー史に残る熱戦を制す――ドルトムント 3-2 シャルケ
幸運のマインツは強豪撃破! 2点に絡んだ武藤は悔いも残す…――マインツ 2-0 ヴォルフスブルク
レスター、“大人の余裕”で盤石の勝利! 岡崎は数少ない好機を迎えるも……――レスター 2-1 ワトフォード

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月11日号
    10月28日発売
    市場を賑わすのは誰だ!?
    2022 J移籍
    注目候補「30人」
    憲剛×風間対談もお届け
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ