レスター、“大人の余裕”で盤石の勝利! 岡崎は数少ない好機を迎えるも……――レスター 2-1 ワトフォード

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2015年11月07日

レスターが見せた“大人びたサッカー”。

フォーメーション&布陣 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 11月7日、プレミアリーグ第12節が行なわれ、岡崎の所属する3位レスターは11位のワトフォードと対戦し、2-1で勝利。今シーズン初の3連勝を飾った。
 
 レスターは前節からスタメンを変更。最前線に絶好調のヴァーディー、2列目にマハレズと、チームの23ゴール中18ゴールを叩き出している2人に攻撃を託し、左SBにはフクスが先発に復帰し、4-4-1-1の布陣で挑んだ。岡崎はこれで3試合連続のベンチスタートとなった。
 
 ともに連勝を飾って迎えた試合は、相手の出方を窺う展開でスタート。互いに中盤での攻防を省き、中長距離のパスを最前線に当てて基点を作り、素早い攻めから決定機を生み出そうとする。
 
 ファーストチャンスを掴んだのは、アウェーのワトフォードだった。
 
 19分、バイタルエリアでボールを持ったディーニーから1トップのイガロがペナルティーエリア左でパスを受け、マーカーのモーガンを振りきってシュートを放つも、ポストに当たる。さらに、そのこぼれ球をアブディが詰めるも、シュマイケルが好セーブで阻んだ。
 
 その直後に、ホームチームもチャンスを得る。オルブライトンが右サイドを単独で突破し、切り込んでシュートを放つもゴメスがストップした。
 
 互いに決定機を迎えた30分以降、レスターは自陣で守備を整え、むやみに飛び込まずにワトフォードにボールを持たせるという、余裕すら感じる落ち着いた試合運びを披露する。
 
ボールを奪ってからは、ヴァーディーを基点にしたカウンターでチャンスを狙ったが、得点は生まれなかった。
 
 決定機こそ少なかったが、局面での個人の競り合いに魅力のあった前半はスコアレスに終わり、試合は折り返した。
 
【関連記事】
セミプロ時代は工場勤務や警察沙汰も。岡崎慎司の同僚ヴァーディーの「知られざる波乱万丈伝」
現在得点ランキング首位! ビッグクラブも注目するFWヴァーディーを“相棒”岡崎慎司が語る
ヴァーディーが止まらない! プレミア史上3人目8試合連続ゴールで勝利を呼び込む & 岡崎は守備で逃げきりに貢献――WBA 2-3 レスター
ヴァーディーの7試合連続得点でレスターが初完封勝利を飾る! 岡崎は身体を張った守備で役割を全う――レスター 1-0 クリスタル・パレス
指揮官の采配が命中したレスターが価値あるドロー! 岡崎、吉田は存在感を出せず――サウサンプトン 2-2 レスター

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ