ミランが「自滅」のスコアレスドロー。途中出場の本田は攻守で一度ずつ明確な貢献

カテゴリ:メガクラブ

白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)

2015年11月08日

後半は完全にアタランタにペースを握られる。

ミラン対アタランタ戦の結果&スタメン。

画像を見る

63分、右からのクロスをアタランタのチガリーニが頭でジャストミート。しかし、ミランの超逸材ドンナルッマがビッグセーブで防いだ。(C)Alberto LINGRIA

画像を見る

 11月7日、サン・シーロでセリエA12節のミラン対アタランタ戦が開催された。
 
 4連勝を狙うミランは前節からスタメン3人を変更。怪我のアレックスとベルトラッチに代わってメクセスとポーリ、出場停止のボナベントゥーラに代わってニアングを先発させる。本田は7試合連続のベンチスタートとなった。
 
 序盤は両チームともに前からのプレスが効き、ほぼ互角の展開。ただ、15分あたりから地力で勝るミランが主導権を掴み、21分にニアングのスルーパスからバッカ、38分に速攻からニアングが惜しいシュートを放った。
 
 とはいえ、主にビルドアップのミスから何度かアタランタに攻め込まれるなど、64%のボール支配率を誇った割にミランにとっては決して盤石とは言えない内容。結局、0-0のまま前半を終えた。
 
 後半頭は完全にアタランタ・ペース。好調ゴメスのドリブルを主武器に攻め立て、63分にはクロスをチガリーニが頭で、64分にはモラレスが右足で、68分にはグラッシが右足でシュート。ただ、いずれも敵GKドンナルンマのスーパーセーブに防がれた。
 
 流れを変えたいミランのミハイロビッチ監督は、64分に動く。クツカに代えてL・アドリアーノを投入し、システムも4-4-2に変更。さらに、73分にはニアングを下げて本田をピッチに送り出した。
 
 しかし、L・アドリアーノも本田も効果的にボールに絡めず、むしろ凡ミスからアタランタにチャンスを与える嫌な流れは変わらない。
 
 ミランは92分にFKからアントネッリ、93分に速攻からチェルチがビッグチャンスを迎えるが、いずれもゴールネットを揺らすには至らず。結局、試合はこのままスコアレスドローに終わった。
【関連記事】
幸運のマインツは強豪撃破! 2点に絡んだ武藤は悔いも残す…――マインツ 2-0 ヴォルフスブルク
レスター、“大人の余裕”で盤石の勝利! 岡崎は数少ない好機を迎えるも……――レスター 2-1 ワトフォード
セミプロ時代は工場勤務や警察沙汰も。岡崎慎司の同僚ヴァーディーの「知られざる波乱万丈伝」
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「熱狂的ファンの“リアル”な評価」
【ミランに出現した16歳の天才GK】ドンナルンマをより深く知れる「5大ポイント」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ