長友や香川が好調な一方、本田は結果を残せず…日本代表メンバーの直近試合におけるパフォーマンスは?|海外組編

カテゴリ:日本代表

2015年11月09日

香川は自身には珍しいヘディングでのゴールを決める。

本人が「記憶にない」と語るほど珍しいヘディングで先制点を挙げたうえ、組み立ての局面でも貢献。香川はシャルケとのルール・ダービーで輝きを放った。(C)Getty Images

画像を見る

MF
香川真司(ドルトムント=ドイツ)

対 シャルケ(○3-2/11月8日)
ビルト紙の採点:1(先発フル出場/1得点)
 
 11月5日のガバラ戦(ヨーロッパリーグ4節)で休養を与えられ、万全の態勢で臨んだシャルケとのルール・ダービーで殊勲の先制ゴールを挙げた。
 
 30分、右SBのギンターのクロスに頭で合わせ、やや膠着状態だった試合の均衡を破ったのだ。
 
 また、組み立ての局面にも頻繁に顔を出し、ボールタッチ数はフンメルスに次ぐ106回をマークした。
 
 仕掛けのパスに乱れが生じるシーンもあったが、走行距離が両軍トップの12.08キロを記録するなど、宿敵との大一番で改めて調子の良さを感じさせた。
 
 
MF
長谷部誠(フランクフルト=ドイツ)

対 ホッフェンハイム(△0-0/11月7日)
ビルト紙の採点:3(先発フル出場)
 
 絢爛豪華なバイエルン攻撃陣を封じ込めた前節に続き、直近のホッフェンハイム戦でも右SBとしてフル出場。無失点に抑えたチームの堅牢構築に尽力した。
 
 CBやボランチとうまくバランスを取りながらサイドの防衛に精を出す一方で、敵陣の深い位置まで攻め上がったシーンは限定的だった。
 
 シンガポール、カンボジアとの2連戦に向けて、やや気がかりなのは、10月の代表ウィーク明けからクラブでの主戦場が右SBに移っていること。ボランチとしての試合勘を取り戻せるか。
 
 
MF
清武弘嗣(ハノーファー=ドイツ)

対 ヘルタ・ベルリン(●1-3/11月6日)
ビルト紙の採点:3(先発フル出場/1ゴール)
 
 試合前日まで別メニュー調整を余儀なくされた右足甲の痛みが引き、ホームでのヘルタ・ベルリン戦に4-2-3-1のトップ下として先発出場した。
 
 44分に左足、54分に右足のシュートでゴールを脅かすと、2点を追っていた70分に2試合連続となるPKを決めて、今シーズンの3ゴール目を記録した。
 
 ただ、頻繁にボールの収め所となっては活路を開こうとしたが、チームメイトの動き出しの悪さもあり、ビッグチャンスに繋がる決定的なパスは供給できなかった。
【関連記事】
西川が絶好調、金崎は不発に… 日本代表メンバーの直近のパフォーマンスは?|国内組編
ミランが「自滅」のスコアレスドロー。途中出場の本田は攻守で一度ずつ明確な貢献
香川の「記憶にない」ヘッド弾炸裂! ダービー史に残る熱戦を制す――ドルトムント 3-2 シャルケ
幸運のマインツは強豪撃破! 2点に絡んだ武藤は悔いも残す…――マインツ 2-0 ヴォルフスブルク
レスター、“大人の余裕”で盤石の勝利! 岡崎は数少ない好機を迎えるも……――レスター 2-1 ワトフォード

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ