【J1採点&寸評】浦和2-0福岡|小泉が上質なショータイムの主役に!ユンカーはPK失敗も…

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2021年06月28日

福岡――サロモンソンは脅威となるも、精度に課題

【警告】浦和=柴戸(62分) 福岡=杉本(90+1分)
【退場】浦和=なし 福岡=なし
【MAN OF THE MATCH】小泉佳穂(浦和)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
福岡 5

2ラインのブロックを極力崩さないように相手の攻撃に対抗したものの、相手のトップ下・小泉の楔に困惑。終盤までは押し込まれる時間が長く、ストレスを溜めていた。

【福岡|採点・寸評】
GK
31 村上昌謙 5.5

82分のPKはストップしたのは見事。ただし11分の小泉のミドルシュートと76分の明本のヘディングはワンテンポ反応が遅れ、防げず。

DF
2 湯澤聖人 5.5
(82分OUT)
スピードを生かして突破を仕掛けてくる田中と絶妙なポジショニングを取る西の対応に追われた。オーバーラップの回数は限られた。

3 エミル・サロモンソン 5.5
豊富な運動量で右サイドを往復し、クルークスとともに脅威となった。ただしクロスの精度に課題。69分のシュートも74分のFKも枠を外れた。

5 宮 大樹 5
奈良の出場停止を受けて先発出場するも、マークの受け渡しなど些細なミスが散見。とりわけ度々ピンチを招いたクリアミスは反省材料だ。

33 ドウグラス・グローリ 5
小泉への寄せが一歩遅れ、フリーでシュートを打つ時間とスペースを与えてしまったのが痛恨。それ以外は集中してユンカーを封じていただけに悔いが残る。
 
MF
6 前 寛之 5.5

守備の局面でピッチの広範囲を駆け回りスペースを埋めたものの、ボールを奪い切れず。先制点献上の場面など相手のドリブルに振り回されるシーンが目立った。

7 重廣卓也 5(82分OUT)
相手の素早い寄せに苦心し、自由にプレーできなかった。様々な局面に顔を出しつつも、効果的だったかと言えば疑問符がつく。

14 ジョルディ・クルークス 5.5
ボールを持てば何かをしてくれそうな迫力はあったが、実際には一つひとつのプレーが雑で、ゴールにはつながらなかった。

37 金森健志 5(63分OUT)
西のマークやプレスバックなど、どちらかと言えば守備に追われる時間が長かった。得意の攻撃でエネルギーを使えず。
 
【関連記事】
浦和レッズは大型補強でどう変わる?後半戦のベスト布陣を探る
【セルジオ越後】本気で「金メダル」を獲る強化をしてきたの? 五輪本番はOAを中心にしぶとく勝ち抜け
ユンカーとのホットラインに期待!江坂任が掲げる浦和でのビジョン「プラスアルファになる」
浦和、小泉の強烈ミドル弾などで福岡を2-0で撃破!今季10勝目を挙げ、5位に浮上
「一番上手かったのは監督のジーコ」久保竜彦が選ぶ"日本代表・歴代最強ベスト11”が楽しい!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ