浦和、小泉の強烈ミドル弾などで福岡を2-0で撃破!今季10勝目を挙げ、5位に浮上

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2021年06月27日

試合が動いたのは11分

先制ゴールを挙げた小泉(左)。強烈なミドルシュートだった。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 浦和レッズは6月27日、J1第20節で、アビスパ福岡と対戦。2-0で勝利を収めた。

 連勝を狙う浦和は4-2-3-1システム。GKはリーグ2戦連続出場となる西川周作。最終ラインは右から西大伍、岩波拓也、槙野智章、明本孝浩。2ボランチが柴戸海、伊藤敦樹のコンビ。2列目は右から田中達也、小泉佳穂、大久保智明という並び。そして1トップにはリーグ7試合で7得点中のキャスパー・ユンカーが入った。

 対してリーグ4試合ぶりの勝利を目指す福岡は4-4-2システム。GKには村上昌謙、4バックは右からエミル・サロモンソン、ドウグラス・グローリ、宮大樹、湯澤聖人。中盤は2ボランチに前寛之と重廣卓也。右サイドハーフにジョルディ・クルークス、左サイドハーフに金森健志。2トップに山岸祐也、ジョン・マリが入った。

 試合が動いたのは前半11分だった。西のパスを受けた小泉が相手の寄せを巧みにかわすと、左足を一閃。鋭いミドルシュートをゴール右隅に突き刺した。

 1点をリードした浦和はその後、落ち着いてゲームを運んでいく。29分には再び小泉が、43分にはユンカーがシュートを放ち、福岡ゴールを脅かしていった。

 一方の福岡はジョン・マリのポストプレーを起点に攻撃を組み立てようと試みる。しかし21分に前のミドルシュートはゴールの上に外れ、33分のジョン・マリの反転ボレーも枠の左に逸れた。
 
 後半もペースを握ったのは浦和だ。62分には小泉のヒールパスから華麗な連係を披露してチャンスにつなげ、76分には途中出場の左サイドハーフ汰木康也がカットインから際どいシュートを放つ。

 そして76分、汰木のCKに明本がヘディングで合わせて追加点を奪取。勝点3をグッと引き寄せた。

 82分にユンカーのPKは相手GK村上にストップされ3点目は奪えなかったものの、守っては槙野と岩波が壁となり相手に決定機を作らせなかった。今季リーグ戦10勝目を手にした浦和は、5位に浮上した。

 対する福岡は最後にはブルーノ・メンデスに続き、渡大生らを投入して反撃を試みたが、最後まで実らず。悔しい3連敗となった。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
浦和レッズは大型補強でどう変わる?後半戦のベスト布陣を探る
ユンカーとのホットラインに期待!江坂任が掲げる浦和でのビジョン「プラスアルファになる」
浦和はなぜ酒井宏樹が必要だったのか? 西野TDが明かす「レッズに課された責任」
「お前、本当に日本人か」大迫勇也が先輩・内田篤人にブレーメン指揮官との“口論”を明かす!「言わないとダメじゃないですか」
「福岡の誇り」冨安健洋の“凱旋”にアビスパサポーターが歓喜! 横断幕でのエールに本人も「感慨深い」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ