「一番上手かったのは監督のジーコ」久保竜彦が選ぶ"日本代表・歴代最強ベスト11”が楽しい!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2021年06月25日

選手のなかで選ぶ「MY BEST PLAYER」は…

赤字が「MY BEST PLAYER」。前川和也を挙げてくれた。

画像を見る

 6月24日発売のサッカーダイジェストでは、「日本代表歴代ベストイレブン」と題し、現役選手や元日本代表など総勢20名に“マイベストイレブン”を選んでもらっている。人選の条件は現在までに招集された歴代の日本代表。ここでは、元日本代表ストライカーの久保竜彦氏が選んだ“マイベストイレブン”を紹介しよう。

――◆――◆――

 一番上手かったのはジーコ。監督だけど、本当なら「MY BEST PLAYER」に選びたいくらい(笑)。代表に呼んでもらって練習で一緒にボールを蹴ったらタッチが凄かった。吸い付くように収まるというか。おじさんなのに(笑)。めっちゃ記憶に残っています。

 代表で団長として帯同していた釜本さんからはよくアドバイスをもらいました。小さい頃にビデオを買ってめちゃくちゃ見ていた憧れの人でもあります。足を振れば同じコースにシュートを飛ばすし、フィニッシュのパターンも多彩。さすが最多得点記録保持者なだけありますよね。
 
 ジーコジャパンで「俺はこいつにポジションを取られるかもな」という〝怖さ″を感じていたのが大久保ですね。それだけ勢いがあった。
 
 名波さんもラモスさんももちろん上手いけど、パスが正確だったのが伸二、鋭かったのがモトさんかな。前園さんは、僕が好きな(ディエゴ・)マラドーナに一番近い日本人だと思った。
 
 選手のなかで選ぶ「MY BEST PLAYER」は、広島でチームメイトだった前川さん。いろんなGKと対戦してきて、シュートを決めるのが最も難しかったGKでした。練習中は「どうやったら入るんやろ」とずーっと考えていましたね。

構成●サッカーダイジェスト編集部
PROFILE
久保竜彦 くぼ・たつひこ/76年6月18日生まれ、福岡県出身。日本代表通算32試合・11得点。とりわけ、ジーコジャパンで活躍していた。クラブでは広島や横浜、横浜FCなどでプレー。現在は塩作りに励む。

※『サッカーダイジェスト』2021年6月24日号より一部、加筆・修正して転載。
【関連記事】
酒好きで破天荒な久保竜彦が、日本代表への扉を開いた“変化のきっかけ”【広島|番記者回顧録】
中村憲剛が選ぶJ歴代ベスト11「恩人のジュニーニョはやっぱり外せない!」「中盤のポイントは…」
小野伸二が選ぶJ歴代ベスト11「“魅せる”がコンセプト!でも言い争いが絶えないかも」
セルジオ越後が選ぶJ歴代ベスト11「他の10人も”別格”と認めるだろうベストプレーヤーは…」
【喜熨斗勝史の欧州戦記|第3回】セルビアから見たジャパン評は「面倒くさい相手」。選手も「日本代表のパスの回し方は勉強になる」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ