【J1採点&寸評】名古屋1-0仙台|中2日でも疲労を見せず決勝弾!“ハードワークの申し子”を最高評価

カテゴリ:Jリーグ

今井雄一朗

2020年10月24日

仙台――GKスウォビィクはビッグセーブを連発し、実力を示した

【警告】名古屋=なし 仙台=なし
【退場】名古屋=なし 仙台=なし
【MAN OF THE MATCH】稲垣祥(名古屋)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
仙台 5

個の力としては局面に優位を作るも、チームとしての連動性に乏しく攻撃に彩りを欠いた。守備は堅さを見せられるだけに、攻守のバランス、いかにして勝つかの方法論が欲しい。

【仙台|採点・寸評】
GK
27 ヤクブ・スウォビィク 5.5

両チーム低調な前半に出番はほとんどなし。後半は点差を拡げさせないビッグセーブを連発し、実力を示した。味方を鼓舞し、危険を察知する大きな声も際立った。

DF
43 アピアタウィア久 5(68分OUT)

対人戦ではマテウスに後れを取ること数回。SBの攻撃面でのタスクはこなすことができていなかったが、後半は少し持ち直した印象。

23 シマオ・マテ 5.5
頑強なディフェンスでゴール前に高い壁を築き、名古屋に起点を作らせなかった。クロス対応も良く、守備陣としては悪い試合ではなかった。
 
13 平岡康裕 5.5
中盤との距離感も良く、守備から攻撃の切り替えでパスをさばく姿が多く見られた。中盤の守備を操るコーチングも的確で、最終ラインに綻びは見せなかった。

14 石原崇兆 5.5(40分OUT)
時間経過とともに高い位置を取れるようになり、佐々木との連係も良く攻撃を活性化させた。後半はややペースダウンし、低い位置でのプレーが増えたのが残念。
  
MF
26 浜崎拓磨 5.5(85分 OUT)

相手ボランチの出足の速さに手こずった感もあるが、中盤以降は冷静さを取り戻してプレー。椎橋と縦関係でゲームを作ろうとしたが、効果的な仕掛けは演出できず。

5 椎橋慧也 5.5
最終ラインからボールを引き取り、ビルドアップのつなぎ役として黙々と土台作りに励んだ。後半はより最後尾に落ちてのボールさばきが増えたが、良い縦パスもあった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ