「少し寂しいな」本田圭佑が“初体験”を振り返る!古巣・名古屋のスタジアム改修でビデオメッセージ

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月22日

プロデビューもプロ初ゴールも“瑞穂”だった

「グランパスのことを応援しています」と語った本田圭佑。(C) Getty Images

画像を見る

 ブラジルのボタフォゴに所属する本田圭佑は、古巣の名古屋グランパスにブラジルからビデオメッセージを投稿。かつて自身も2005年からの3年間プレーした瑞穂スタジアムに想いを馳せた。

 名古屋グランパスのホーム、パロマ瑞穂スタジアムは、老朽化に伴う改修工事により来季より休場する。それに伴いクラブは「ありがとう、瑞穂。」という“聖地瑞穂”への感謝や思い出を伝えるプロジェクトを始動させている。

 同プロジェクトでは、今週末の10月24日(土)のベガルタ仙台戦を含めて残すところ、あと3試合、ラスト2か月となったなかで、記念チケットやオリジナルグッズの販売のほか、写真展の開催、スペシャルサイトもスタートし、様々な企画を行なっている。

 10月21日には、クラブの公式YouTubeチャンネルなどで本田圭佑がビデオメッセージで登場した。

「名古屋グランパスの関係者のみなさん、そしてサポーターの皆さん、だいぶご無沙汰しています、本田圭佑です。今日は瑞穂スタジアムが改修されると聞いて、僕が2005年から3年間プレーしていた瑞穂スタジアムが、あのスタジアムはもうなくなってしまうということで、少し寂しいなと思いながら、当時プレーしていた3年間を振り返ったりしていました。僕がプロとして(初)ゴールをとった試合もあの瑞穂スタジアムで、確かヴェルディ戦だったと思うんですけれど、懐かしいなと思います」
 
 2005年に名古屋に加入した本田は、開幕戦のジェフユナイテッド千葉戦でクラブ史上4人目となる高卒ルーキーでの開幕スタメンでプロデビュー。さらに4月28日の第8節・東京ヴェルディ1969(名称は当時)戦で、プロ初ゴールを記録するなど、瑞穂には多くの記録を残している。

 今回の改修は6年間にも及ぶ大工事。「あのスタジアムはなくなってしまうんですけど、6年間も改修すると聞いているので、新しくできるスタジアムはよほどいいんじゃないかなと。良くないといけないですよね。6年も時間をかけるんですから。その新しいスタジアムも楽しみにしています」と“本田節”でエールを送った。

「あと残りJリーグもわずかだと思いますけど、引き続きグランパスのことを応援していますので、皆さんともいつかまたお会いできればなと思っています。お互い元気で楽しく過ごしていきましょう。また」

 日本サッカー界のカリスマの思い出も詰まった“聖地”パロマ瑞穂スタジアムは、12月12日の第32節・横浜FC戦を最後に、しばらく休場に入る。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「ありがとう、瑞穂。」本田圭佑、思い出のスタジアムに惜別コメント!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ