今井雄一朗 新着記事

【番記者コラム】クラブを変えた出来事――名古屋グランパスを真の勝者へ導いた“闘将”

 あれから10年の月日が経とうとしている。Jリーグ創設から17年間、オリジナル10として戦い続けてきた名古屋グランパスの悲願とも言えたリーグ優勝の栄冠を手にしたのは2010年のことだ。 それまで... 続きを読む

金崎夢生が語った“古巣”名古屋移籍の理由。初練習で見えた8年前との違い

 想像以上に違和感がなかった。4月3日、練習に初合流し、赤と黒を基調とした名古屋の練習着を身に纏った金崎夢生がクラブハウスから出てきた時、以前から在籍していた選手のような落ち着きと自然な雰囲気に... 続きを読む

【名古屋】フィッカデンティ監督も慮る中断期間での練習試合の難しさ。横浜FC戦で見えた戸惑いと収穫は…

 指揮官も選手たちも、冷静だった。リーグ再開後には公式戦での対戦が待っているJ1の横浜FCを迎えての練習試合は、この時期としては“異例”のこと。ただでさえ実戦の機会が少な... 続きを読む

【名古屋】岐阜との練習試合で見えた課題と収穫は?楽しみな“新オプション”も披露

 新型コロナウイルスの感染拡大で公式戦の延期が続くなか、3月21日に名古屋は岐阜との45分×2本の練習試合を行なった。 本拠地(パロマ瑞穂スタジアム)を会場に選んだことで、さながら&... 続きを読む

【名古屋】ターゲットマン復調の朗報に連係力の向上も…公式戦へ向けて視界もクリアに前進!

 新型コロナウイルスの影響でJリーグ公式戦が延期になってから1週間あまりが経ち、各クラブが様々な中断期のスケジュールを過ごすなか、名古屋グランパスは粛々と“次戦”への準備... 続きを読む

【名古屋】初の練習試合で見えた新たなスタイル。2年目の“フィッカデンティグランパス”が目指すサッカーは…

 タイでの一次キャンプで初の練習試合となったサムットプラカーン・シティFCとの一戦で、今季の名古屋の戦い方はその輪郭を明確にさせた。昨季の守備特化型のリトリートスタイルは「残留のためだけにやった... 続きを読む

【J1採点&寸評】名古屋0-1鹿島|MOMは決勝点を呼び込んだ鹿島の右SB。名古屋はホーム最終戦で寂しい出来

[J1 34節]名古屋0-1鹿島/12月7日/豊田 【チーム採点・寸評】名古屋 5フィッカデンティ監督の下で築き上げてきた守備組織は維持しつつ、攻撃面で組み立てを重視して戦うもフィニッシュまでにたどり... 続きを読む

【J1採点&寸評】名古屋0-0鳥栖|ともに攻撃の迫力を欠きドロー決着…ピンチで存在感を見せた名古屋守護神を最高評価

[J1リーグ32節]名古屋0-0鳥栖/11月23日/豊田スタジアム【チーム採点・寸評】名古屋 5立ち上がりから運動量に乏しく、カウンターに鋭さを出せなかったのが不調の一因。後半には交代枠を使いき... 続きを読む

【J1採点&寸評】名古屋3-0神戸|フィッカデンティ采配ズバリ!MOMは2G1Aと八面六臂の活躍を見せたレフティ!!

[J1リーグ31節]名古屋3-0神戸/11月9日/豊田【チーム採点・寸評】名古屋 7フィッカデンティ監督が用意した神戸対策が見事にはまり、シュート5本で3得点という効率の良さも手伝って試合展開に... 続きを読む

【J1採点&寸評】名古屋0-2仙台|残留争い直接対決は“してやったり”の仙台に軍配!助っ人が軒並み高評価も…MOMは?

[J1リーグ29節]名古屋0-2仙台/10月19日/パロマ瑞穂スタジアム 【チーム採点・寸評】名古屋 5またも先制点を許し、守備も前半は空回り気味。後半は思い切った交代策で流れを引き寄せたが、ゴー... 続きを読む

【名古屋】イタリア人指揮官の“集中講義”は何をもたらすか?監督交代から2週間で明確になった課題と収穫

 フィッカデンティ監督就任から2週間で二度の実戦を経て、この“新チーム”の課題と収穫は非常に明確になってきている。しかも、それらは実にシンプルだ。課題はどうやって勝つか、... 続きを読む

【J1採点&寸評】名古屋1-1大分|途中起用に結果で応えた“仕事人”をMOMに!ビッグセーブ連発の高木駿も高評価

[J1リーグ28節]名古屋1-1大分/10月5日/パロマ瑞穂スタジアム 【チーム採点・寸評】名古屋 5.52戦連続で追いつく展開でのドローは良くも悪くもチームの現状を示す。守備を含めたオーガナイズ... 続きを読む

監督交代に揺れる名古屋はどう変わるのか?フィッカデンティ新監督が初練習で示したスタイル

 180度の方針転換というよりは、手法の変更に見えた。9月23日、風間八宏前監督の契約解除とフィッカデンティ監督の新監督就任を発表した名古屋は、早速その日の午後から初練習を敢行。本来ならば連休だ... 続きを読む

風間グランパスの終焉…独特すぎる攻撃偏重スタイルはなぜ大成しなかったのか?

 9月23日、名古屋グランパスは風間八宏監督を解任し、後任にFC東京や鳥栖で指揮を執ったマッシモ・フィッカデンティ氏が就任すると発表した。2017年シーズンから発足した風間体制は3年の契約期間を... 続きを読む

【J1採点&寸評】名古屋1-5横浜|攻撃的サッカーの激突は機能美に溢れた横浜に軍配! 五輪世代FWが絶大な存在感!

[J1リーグ24節]名古屋1-5横浜/8月24日/パロ瑞穂 【チーム採点・寸評】名古屋 4.5横浜の作り込まれたシステムと作戦の前に屈した一戦。それでも決定機を決めていればという部分があったが、決... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ