【J1採点&寸評】名古屋1-0仙台|中2日でも疲労を見せず決勝弾!“ハードワークの申し子”を最高評価

カテゴリ:Jリーグ

今井雄一朗

2020年10月24日

名古屋――左SBのオ・ジェソクは決勝弾に繋がるクロスを供給

【警告】名古屋=なし 仙台=なし
【退場】名古屋=なし 仙台=なし
【MAN OF THE MATCH】稲垣祥(名古屋)

画像を見る

[J1リーグ24節]名古屋1-0仙台/10月24日(土)/パロ瑞穂

【チーム採点・寸評】
名古屋 6

連戦の疲れをしっかり考慮し、じっくりとしたゲーム展開と守備の堅さを生かして“ウノゼロ”の勝利を演出した。駆け引きの部分での判断力も鋭く、危なげなく90分を終えた。

【名古屋|採点・寸評】
GK
1 ランゲラック 6

相手のシュートが1本という試合にGKの出番はなかったと言っていいが、ディフェンスラインとの連係、コーチング含めて安定感があった。

DF
26 成瀬竣平 6

パスミスが多かったのが気になるところだが、粘り強い守備は行動範囲も広く堅守の成立に一役買った。攻撃参加ではより深い位置まで入っていくことも増え、勢いを感じさせる。

4 中谷進之介 6.5
要注意人物の長沢駿への警戒を怠らず、高い位置まで追いかけて封殺した。縦のパス交換でも気の利いたところを見せ、落ち着いたビルドアップを下支えした。
 
3 丸山祐市 6.5
無失点、しかも相手のシュートは1本というまさに完封劇を最終ラインから支持。攻撃面でもチャレンジパスが良いアクセントになり、攻守のメリハリ作りにも貢献。

34 オ・ジェソク 6.5
関口とのマッチアップでは粘り強く対応し、起点をなかなか作らせなかった。後半になると相馬とのコンビネーションで攻撃面を活性化し、決勝点の起点となるクロスも。

MF
MAN OF THE MATCH
15 稲垣 祥 7

相手の攻撃を寸断し、ゴール前を固め、ゲームをじっくりとした展開にコントロール。欲しかった決勝点も自らのシュートで捻じ込み、勝利の立役者となった。

2 米本拓司 6.5
ボール奪取から攻撃を敵陣に展開させるパスも冴えた試合。堅い守備をディフェンスラインと協力しながら形成し、攻守のリンクマン的な顔でもチームの勝利を支援した。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月11日発売
    WSD責任編集
    永久保存版
    ディエゴ・マラドーナ
    追悼号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月3日発売
    移籍専門記者が解説
    超ビッグネームの
    去就予測2021
    特製壁掛けカランダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ