【仙台】シュート1本に抑えられる完敗…「ボールを入れる事すらままならなかった」と木山監督も肩を落とす

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月24日

「簡単に打開できる問題ではないのかもしれない」

守備では良い面もあったと語った木山隆之監督。写真:滝川敏之

画像を見る

[J1リーグ24節]名古屋1-0仙台/10月24日(土)/パロ瑞穂

 終始押し込まれる展開ながらも、守護神ヤクブ・スウォビィクを中心に最後の局面で堪えていた。しかし、65分に名古屋の稲垣祥に打ち込まれたシュートは椎橋慧也のブロックを弾き、無情にも絶妙なループシュートとなってゴールへ。その後も反撃する機会もほとんど作り出せず、0-1で敗戦となった。

 試合後にオンライン上で取材に応じた木山隆之監督は、「もちろん、簡単にはいかない、厳しい戦いというのは当然、想定した上で来ました。日程的に我々の方が少し有利な面もあったので何とかそれを活かせるようにと…。

 前半名古屋に攻められる時間も長かったが、しっかりと守備をして試合を拮抗させられたことは良かったと思います。そのなかで勝機を見出したいところでした。もう少し粘ったなかで最後に勝負をかけたかったんですけど、先に一つ失点してしまい、その後攻撃に出ようとしましたが、なかなかゴールに近づくことができなかった」と振り返った。
 
 守備面では粘り強さも見せていたが、攻撃では、長沢駿が記録したシュート1本に終わってしまった。

「守備をするところからスタートして、なかなか良い形でボールを獲ることも少なかったですし、何回か取れた時でも、なかなか2トップまで良い形でボールを入れる事すらままならなかった。ある程度の位置まで攻め込めても、相手の守備ブロックを打開することはほとんどできなかった。
 現状のなかで簡単に打開できる問題ではないのかもしれないですけど。一つひとつの攻撃をする回数を増やすための前段階の質を上げることもそうですし、守備の強度を上げてより良い形でボールを取れる回数を増やすことも必要かもしれません」

 指揮官はこう語り、肩を落とす。

 これで仙台は2連敗。さらに14試合勝ち星から遠ざかる結果となってしまった。中3日での次戦から行なわれるホーム4連戦で、サポーターにどのような試合を見せられるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ