【安永聡太郎】“極上”のCL決勝を深掘り解説!「勝負を分けたのはハーフタイムの戦術変更だ」

カテゴリ:連載・コラム

木之下潤

2020年08月31日

「フリック監督はハーフタイム中に選手に伝えたんだと思う」

勝負を決めたコマン(右端)のゴールは遅攻から生まれた。(C) Getty Images

画像を見る

 パリSGの立場からすると失点シーンは結構な目線の揺さぶりをかけられている。

 このシーンで読み解くべきは「1、ミュラーが走り込む→2、CBのチアゴ・シウバが寄せる→3、ミュラーがボールを落とす→4、キミッヒが受ける」という最後の4の部分にある。右SBであるキミッヒが相手ペナルティーエリア近くのハーフレーンでボールを受けてラストパスを送っている。彼はSBから内側に入るボランチのポジションの役割を理解し、その仕事をきちんと果たしている。

 そして、ミュラーがスペースへの走り込みによって相手守備組織をギュッと集め、CB1枚を引っ張り出しているので大外が空くのは必然なことなんだよね。そこに走り込んでいるコマン、それを認識してパスを出せるキミッヒ。どうしても中央にはレバンドフスキが構えているからパリSGの右SBケーラーからすれば彼に意識が向くし、内側にいる相手のエースにマークに寄せてしまうのは仕方ない。

 最後はコマンがヘディングでゴールを決めるわけだけど、チアゴから始まった攻撃がゴールとして成就するまでの時間は、わずか13秒。その間にバイエルンは「チアゴ→キミッヒ→ニャブリ→ミュラー→キミッヒ→コマン」とボールが動いている。チアゴのキミッヒへの刺すパス、キミッヒのクロス前の足裏でのコントロールの間、レバンドフスキをおとりに使うためのふんわりとしたクロスがポイントになっている。
 
 パリSGの守備に焦点を当ててバイエルンにカウンターを仕掛けられたときの流れを追うと「1、前線の3枚がパワーを使ってカウンターに入ろうとしたけど、途中でボールを奪われた→2、その3枚の立ち位置が前半と違い、隙が生まれる→3、ネイマールがいけないからチアゴには中盤のマルキーニョスが対応する→4、中盤はダブルボランチになって中央に絞る」ということになる。

 僕の見方だけど、バイエルンのフリック監督は前半にこの現象が数多く起こることを分析していた。その上でわかっていたから、後半からキミッヒをあえて中盤気味にプレーさせることを指示したんじゃないかな。後半は明らかに中盤の位置でボールを受ける回数が増えたから。

 あくまで推測だけど、フリック監督がパリSGの前線3枚と中盤3枚の守備の構造を丁寧に分析し、ハーフタイム中に選手に伝えたんだと思う。「ネイマールが守備をしない局面でどんな守備構造が起こりうるのか」を。

 それを試合中に理解してものの見事にゴールへとつなげたバイエルンの選手たちの質の高さはもう異次元だよ。あのシーンはマジでしびれる。パリSGの選手からいうと大きな欠陥はない。狙いを持ち、セオリー通りにしっかりプレーしたけど、バイエルンがその上を行ってしまった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ