「彼らはリラックスしていた」バルサの歴史的大敗は“緩すぎる”アップが原因? バイエルン戦士が興味深い指摘「10分遅れて…」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月29日

開始早々の先制弾を呼び込んだのは…

ミュラー(25番)に先制パンチを食らい、8発を叩き込まれてノックアウトされたバルサ。気の緩みはなかったはずだが…。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間8月23日に行なわれたチャンピオンズ・リーグの決勝で、バイエルンはパリ・サンジェルマンに1-0で勝利。7年ぶり6度目の欧州制覇を果たした。

 大会史上初の“全勝優勝”という偉業を成し遂げたチームにあって、何より格別だったのは準々決勝のバルセロナ戦だろう。

 戦前は優勝候補同士の拮抗した試合になるとの見方が強かったが、序盤からゴールを重ね、8-2の歴史的大勝利。この1勝がチームにさらなる自信と勢いを与えたのは間違いない。

 また敗れたバルサが即座にキケ・セティエン監督とエリック・アビダルSDの職を解き、さらにリオネル・メッシの退団騒動に発展したことを考えても、この一戦の持つ意味は大きかった。
 
 このゲームで、ゴールラッシュの口火を切る先制ゴールを挙げたトーマス・ミュラーは、歴史的一戦を振り返り、両チームのウォーミングアップに差があったことを明かしている。英紙『The SUN』などが報じた。

「バルセロナがフィールドに出てウォームアップを始めた時、僕らはもう10分間もアップしていた」と明かしたドイツ代表アタッカーは、こう続けている。

「彼らはとてもリラックスしていた。それは何も意味していないけどね。試合は違った形で終わったかもしれないが、僕たちが非常にハングリーであったことはわかったと思う」

 ミュラーが電光石火の先制点を挙げたのは開始4分。そこから前半だけで4ゴールを叩き込んだ。バルサに気の緩みがあったわけではないだろうが、立ち上がりからエンジン全開で臨めるよう、バイエルンが念入りに準備をしていたことだけは間違いない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【写真】メッシもリラックスしすぎ? バルサのウォーミングアップの様子はこちら

【動画】コウチーニョに8点目を決められ、ブチギレするバルサのベンチ
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ