バイエルンCL制覇の“立役者3人”を番記者が選出!「ワールドクラスの域に到達」と評したDFは?【現地発】

カテゴリ:メガクラブ

パトリック・シュトラッサー

2020年08月31日

15ゴールを挙げて得点王を獲得

ビッグイヤーを手にするフリック監督。不振に喘いでいたチームを立て直した手腕は見事だった。(C) Getty Images

画像を見る

 8月23日に開催されたチャンピオン・リーグ決勝で、バイエルンはキングスレー・コマンが挙げた1点を守りきり、パリ・サンジェルマンを撃破。7年ぶり6度目の戴冠を果たした。8連覇を成し遂げたブンデスリーガ、2年連続で制したDFBカップと合わせて、3冠の偉業達成だ。

 昨年11月に成績不振でニコ・コバチ監督を解任したチームは、いかにして蘇ったのか。地元紙『Abendzeitung』で2003年からバイエルンの番記者を務めるパトリック・シュトラッサー氏に、3人の立役者を挙げてもらった。

───◆───◆───

1、ハンジ・フリック監督 

 バイエルン首脳陣と当時監督だったニコ・コバチの快諾により、2019年の夏、フリックはペーター・ヘルマンの後任としてアシスタントコーチとなった。68歳とベテランコーチのヘルマンは、ユップ・ハインケス監督のアシスタントを務め、18年にハインケスが退任してからも、引き続き職に留まっていた。

 当時、フリーの身だったフリックは、監督の弟であるロベルト・コバチに続く二人目のアシスタントコーチとなった。いま振り返ると、これは最高の選択だった。そのノウハウ、練習でのインプット、温かい人間性ですぐにリスペクトされ、認められた。

 キャプテンのマヌエル・ノイアーをはじめ、トーマス・ミュラー、ジェローム・ボアテングは、2014年のブラジル・ワールドカップで世界制覇を成し遂げたドイツ代表のメンバーで、ヨアヒム・レーブ監督の右腕としてチームを支えたこの戦術家の能力をよく知っていた。そして、昨年11月に解任されたコバチの後任の座に就くと、重鎮たちは監督としての手腕も高く評価した。

 就任からわずか10か月で3冠達成。アシスタントコーチから欧州の最高峰に上り詰めるとは、なんという偉業、なんという男だろうか。最大の功労者はこの指揮官をおいて他にいないだろう。
 
2、ロベルト・レバンドフスキ(FW)

 もはや、多くを語る必要はないだろう。ブンデスリーガ(34点)、DFBカップ(6点)に続き、CLでも15ゴールを挙げて得点王を獲得。公式戦47試合55ゴールと、驚異的なペースでネットを揺らし続けたエースの貢献度は、欧州の舞台でもやはり格別だった。

 32歳のポーランド代表FWは、まさにキャリア最高の時を迎えている。コロナ禍の影響で中止となったバロンドールがもし選出されていれば、初の栄誉を手にしていたかもしれない。それほど、今シーズンのパフォーマンスは圧巻だった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ