• トップ
  • ニュース一覧
  • 【THIS IS MY CLUB】“在籍24年目”の柿谷曜一朗が語る「セレッソへの正直な想い」と「理想と現実の葛藤」

【THIS IS MY CLUB】“在籍24年目”の柿谷曜一朗が語る「セレッソへの正直な想い」と「理想と現実の葛藤」

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2020年07月03日

「16年はみんなの昇格への気持ちが重なった」

キャプテンを担い、J1昇格を果たした16年シーズン。柿谷はチームプレーに徹した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

――近年は特にその“理想と現実”の狭間で葛藤していたように見えます。バーゼルから戻ってきた16年は、チームプレーに徹していた印象でしたが。

「その通りです。バーゼルから帰ってきた年は、それこそ徳島から帰ってきた年に似ていて。チームがJ1に上がるためにはなんでもやってやろうっていう覚悟でした。スイスでプレーして痛感したんですよね。向こうの選手はみんな、ここぞっていう試合では何がなんでも勝とうとする。

 その気概が日本人とは比べ物にならんくらい強い。変な話、どんな手を使ってでも勝とうとするんですよ。『汚い』とか『せこい』とか、そういう言葉は言い訳にならんというのを、身をもって感じた。その気持ちを持って帰っていたので、チームのために何ができるかを100パーセント考えていました」
 
――自分を押し殺してでも?
「結構そういう考えが強かったかな。同じタイミングで(杉本)健勇(現・浦和)も川崎から帰ってきていて。あいつの振る舞いも以前と変わっていましたし、夏にドイツから帰ってきた(山口)蛍(現・神戸)も。僕らユース育ちの選手ってみんな、『さあ、ひとつにまとまろう』っていうタイプではなかったんですよ。

 悪く言ってしまえば、ちゃらんぽらんというか。でも、そういう選手たちがいろんな経験をしてこのクラブに帰ってきて、『俺たちが絶対にJ1に上げる』って躍起になっていた。その気持ちが重なったから、みんながひとつの方向に向けたんだと思うんです。

 そしてシャケさん(酒本憲幸)がおったのも大きかった。日常生活でもピッチでもチームを引っ張ってくれた。『この人と一緒にJ1に戻って、J1でタイトルを取りたい』って人も多かったし、そういう存在がいたから、みんながまとまれたんだと思うんです」
【関連記事】
【THIS IS MY CLUB】“ミスターセレッソ”森島寛晃社長が語るクラブ愛と異例のシーズン「この状況をなんとかせなあかんと…」
【セルジオ越後】再開Jリーグ、注目は昨季V逸のFC東京! コロナ禍の影響を受けそうなチームは?
“2大司令塔”小野伸二×大島僚太の特別対談が実現!大島が見本にしている小野のプレーは…
「ガンバは勢いに乗ると止められない」セレッソ柿谷曜一朗が“大阪ダービー”に向けて描く青写真「吉村知事も…」
小野伸二が選ぶJ歴代ベスト11「“魅せる”がコンセプト!でも言い争いが絶えないかも」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ