• トップ
  • ニュース一覧
  • 【THIS IS MY CLUB】“ミスターセレッソ”森島寛晃社長が語るクラブ愛と異例のシーズン「この状況をなんとかせなあかんと…」

【THIS IS MY CLUB】“ミスターセレッソ”森島寛晃社長が語るクラブ愛と異例のシーズン「この状況をなんとかせなあかんと…」

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2020年07月02日

「白星スタートだっただけに、中断は残念だった」

2018年12月にセレッソ大阪の代表取締役社長に就任した森島氏。“モリシ”は引退後も「チームの顔」だ。写真:山脇美紀

画像を見る

 7月4日のJ1リーグ再開を前に、サッカーダイジェストもその一員を成す「DAZN Jリーグ推進委員会」では、「THIS IS MY CLUB – FOR RESTART WITH LOVE - 」と称して、各クラブの関係者にインタビューを実施した。

 セレッソ大阪では、現役時代は生え抜きのスター選手として活躍し、現在は代表取締役社長としてクラブを支える“ミスターセレッソ”森島寛晃氏が登場。クラブへの想いや異例のシーズンへの意気込みなどについて語ってくれた。

――◆――◆――

――コロナ禍で、大変な状況だと思います。

「ルヴァンカップ、リーグ戦と白星スタートを飾っていただけに、中断してしまったのは非常に残念でした。新型コロナウイルスの世界的な蔓延により、どのクラブもこれまでにない状況を経験しています。Jリーグも何度も延期が続き、先が見えないなか、再開できるのかという不安もありました。そんななか、ようやく再開が目の前まで来て、準備をする段階に移ってきた。皆さんにまたパワーをもらいながら、スタートラインに立たせてもらえるのかなと」
 
――再開日が決まってまた延期を繰り返すという、ストレスが溜まる流れでした。

「そうですね。3か月以上も試合が行なわれないというのは選手時代も含めてほぼ経験したことがなかった。選手たちは自粛のため外に出れない状況で不安を抱えていました。クラブスタッフも、再開に向けて準備を整えていたら、また延期というのが続いて、苦労した面もありました。ただ、我々だけじゃなくて、応援してくれるサポーターもスポンサーの皆さんも大変な状況だったと思います」

――森島社長がこの状況で一番気にしていることは?

「今は何よりも感染防止ですね。選手やクラブスタッフはもちろん、サポーターの皆さんにも安心して安全にサッカーを見てもらえるようにしていかないといけない。最初はリモートマッチで、制限をかけながら徐々にお客さんに来ていただくという、初めての形になるので、その準備は今まで以上にしっかりしていかないといけないですね」
 
【関連記事】
番記者が選ぶ、平成のセレッソ大阪ベスト11! 森島社長に大久保嘉人、香川真司…前線は日本人のレジェンドたちに!
香川、乾、家長、清武が揃った“2010年セレッソ”を元日本代表・播戸竜二氏が回顧「あいつらが海外に行けたのは…」
【J再開後の注目株|C大阪】柿谷、南野らの系譜を継ぐ“生え抜き”…持ち越されたトップデビューの時は訪れるか
「ガンバは勢いに乗ると止められない」セレッソ柿谷曜一朗が“大阪ダービー”に向けて描く青写真「吉村知事も…」
【連載・東京2020】西川潤/前編「いきなり10番を付けるなんて聞いてなかった。最初は先輩たちの目が…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ