【THIS IS MY CLUB】“在籍24年目”の柿谷曜一朗が語る「セレッソへの正直な想い」と「理想と現実の葛藤」

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2020年07月03日

「プロになるまではセレッソへの想いは強くなかった」

4歳の時にセレッソのアカデミーに入団。在籍は通算24年目になる。写真:徳原隆元

画像を見る

 今回、サッカーダイジェストもその一員を成す「DAZN Jリーグ推進委員会」では、「THIS IS MY CLUB – FOR RESTART WITH LOVE - 」と称して、各クラブの最長在籍選手へのインタビューを実施した。

 セレッソ大阪からは、4歳から同クラブのアカデミーで育ち、今季でトップチーム在籍通算12年目の柿谷曜一朗が登場。クラブへの想いやシーズン再開への心境などについて語ってもらった。

――◆――◆――
 
――4歳からセレッソに在籍していて、年々クラブへの想いは変わるものですか?

「子どもの頃と比べるとだいぶ変わりましたね。そもそも小さい頃はどうしてもセレッソでプロになりたかったわけではないんです。家族旅行の帰りにたまたま横にセレッソのチームバスが止まって、当時の選手に手を振ってもらったのが嬉しくて、アカデミーに入ったというだけで。

 なんなら小学1年生でセレッソ対ヴェルディの試合を観た時なんか、実はヴェルディのほうに憧れていたくらいで。漠然とサッカーが好きで、ボールが蹴れれば別にセレッソじゃなくてもいいと思っていました」

――そこからどう変わっていったのですか?

「ホンマにセレッソのために頑張りたい、セレッソで世界を取りたい、って思い始めたのはプロになってからですね。それまでは正直クラブへの想いはあまり強くなかったです」

――何がきっかけでその想いが芽生えた?

「確か19歳の時。徳島に移籍してからですね。初めてクラブに突き放されてから」

――遅刻を繰り返していて、生活態度を改めるためにレンタルで出された時ですね。

「そう。徳島におった時に、セレッソの試合を観ていて『俺がおらん』『俺、今セレッソのユニホーム着てへん』って、すごく大きな違和感を抱いたんです。これまで当たり前だったものがなくなってしまった感覚というか。

 それまでの人生でセレッソでしかサッカーをやってきてなくて、セレッソは僕にとって家みたいなものでした。どのカテゴリーにも知っている人がいて、どのスタッフとも顔見知りで。それが急になくなってしまった」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ