オシムのビジョン、ギドの本音…名役者が共演した90年W杯、西独vsユーゴの真相【名勝負の後日談】

カテゴリ:連載・コラム

加部 究

2020年05月11日

オシムが「分かっていた」という結果をそのまま受け入れるつもりがなかったのは明白だ

イタリア大会では、ピクシー(妖精)の異名を取ったストイコビッチが華麗なパフォーマンスを見せた。(C) Getty Images

画像を見る

 均衡が破れたのは28分、西ドイツはセンターバックのトマス・ベルトルトが右サイドに展開し、シュテファン・ロイターがダイレクトで中へ繋ぐと、バイタルエリアでゴールを背にしたローター・マテウスが反転。左足でゴールネットを揺する。

 さらに40分、左サイドでフリーのアンドレアス・ブレーメがフリーで速いクロスを送り、気鋭の俊足FWユルゲン・クリンスマンがダイビングヘッドで叩き込んだ。

 綺麗なプレーが得意な選手たちで構成されたユーゴスラビアは、オシムの表現を借りれば「水を運ぶ選手」が欠けていた。ただしオシムが「分かっていた」という結果を、そのまま受け入れるつもりがなかったのは明白だった。

 ユーゴスラビアは、後半に入ると右サイドからピクシーの仕掛けが冴えるようになり、54分、自ら獲得したFKをボダル・ヨジッチの頭に合わせて1点を返す。

 するとオシムは即座に動いた。その1分後には、天才肌の象徴とも言えるデヤン・サビチェビッチとサフェト・スシッチを下げている。当時1試合の交代枠は2名しかなかった。
「テクニックがあっても走れない。そんなタイプばかりではなく、走る部分をカバーする選手も必要だということを示したんだ」(オシム)

 だが絶好調の西ドイツは、一度ユーゴスラビアに傾きかけた流れを再び引き戻す。63分、主役は主将のマテウスだった。自陣中央で受けると、そのままスピードアップ。ヨジッチの軽いチャージを難なくかわすと、約25mの地を這うミドルシュートを突き刺した。

 続いて5分後には、GKのファンブルがあり、ルディ・フェラーが押し込んでダメ押し。懸念された初戦を4-1と快勝し、西ドイツのチーム内の空気は一変したという。

「苦戦が予想された試合を快勝して、これならどことやっても勝てるんじゃないか、と思えるようになった。それから4週間、僕らは本当に集中した。ビールを1滴も飲まないくらいにね。いやいや、これはどれだけ集中したかを喩えた表現だけどね」(ブッフバルト)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ