• トップ
  • ニュース一覧
  • 「彼は何を話した?」ドイツ誌記者が食いついた、遠藤航の好パフォーマンス。背番号「3」は今、シュツットガルトの“芯”だ【現地発】

「彼は何を話した?」ドイツ誌記者が食いついた、遠藤航の好パフォーマンス。背番号「3」は今、シュツットガルトの“芯”だ【現地発】

カテゴリ:海外日本人

中野吉之伴

2020年02月24日

『kicker』誌の評価はチーム内トップタイ

遠藤の貢献は、昇格の鍵を握っている。 (C) Getty Images

画像を見る

 2月13日付の『kicker』オンラインには、「遠藤、0からトップへ」という見出しの記事がアップされた。

 同誌の平均採点3.25というのは、ダニエル・ディダビとともにチーム内トップ(同日付けの集計)。現在はレンタル移籍中だが「買取オプション行使に向けて交渉を開始している」というスポーツディレクターのスベン・ミスリンタートのコメントが紹介され、今のチームでいかに遠藤が重要な役割を担っているかが強調されていた。

 シュツットガルトは、2部リーグでは間違いなくトップレベルの戦力を揃えるクラブだ。そのチームに遠藤という芯が加わり、ブレ気味だった攻守のバランスに極上の落ちつきをもたらした。おかげで攻撃陣ものびやかにプレーできるようになっている。

 とはいえ、現時点の順位は「2位」だ。3位に下がれば自動昇格ではなく、1部16位との入れ替え戦を戦わなければならない。さらに順位を上げていくためには、これまで以上の勝ち点へのこだわりが重要になってくる。簡単に失点をせず、粘り強く攻撃を仕掛けていくことが必要だ。

 シュツットガルトは遠藤を中心に、バランスの取れたゲームコントロールをコンスタントに続けることができれば、昇格への道はきっと見えてくるだろう。
 
筆者プロフィール/中野吉之伴(なかのきちのすけ)

ドイツサッカー協会公認A級ライセンスを保持する現役育成指導者。執筆では現場での経験を生かした論理的分析が得意で、特に育成・グラスルーツサッカーのスペシャリスト。著書に「サッカー年代別トレーニングの教科書」「ドイツの子どもは審判なしでサッカーをする」。WEBマガジン「中野吉之伴 子どもと育つ」(https://www.targma.jp/kichi-maga/)を運営中。
【関連記事】
「エンドウにはその価値がある!」シュツットガルトが遠藤航の買い取りへ動く。地元紙番記者も強烈プッシュ!
CBでフル出場した遠藤航、強豪レバークーゼンを相手に善戦! ファン投票ではチーム最高評価に
「クリスマスに会うという仲の良さ」「鎌田くんは全部…」遠藤航がベルギー日本人戦士の貴重な5ショットを投稿!
「カマダの圧巻ショー」「ザルツを手玉に」ELでハット達成の鎌田大地を現地紙が激賞! ブンデス公式からは思わぬ“イジり”が!?
「夢が現実になったら凄く嬉しい」怪我に悩まされた宮市亮、日本代表復帰への想いをドイツ紙に語る

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ