「エンドウにはその価値がある!」シュツットガルトが遠藤航の買い取りへ動く。地元紙番記者も強烈プッシュ!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月22日

クラブ側は買取オプションの行使を決断か

日本代表でもボランチとして先発起用が目立っている遠藤。 (C) Getty Images

画像を見る

 ベルギーのシント=トロイデン(STVV)から1年の期限付きでドイツ2部のシュツットガルトに加入している遠藤航。クラブ側はすでに買取オプションの行使を決め、150万ユーロ(約1億8750万円)でクラブに迎え入れる準備を進めているようだ。現地紙『BILD』が報じている。

 この報道に、現地紙『echo24』のシュツットガルト番記者を務めるドミニク・ヤン記者も「彼はチームに絶対に必要な存在だ」と太鼓判を押している。

「ワタル・エンドウはまだ借り物だ。来年の夏には契約が切れる。だが、必ず彼はチームに貢献するだけのポテンシャルを秘めている。間違いなく。だから、スフェン・ミスリンタットSDとシュツットガルトは、彼を手放せなくなり、150万ユーロを支払うことになるだろう」

 遠藤は同クラブに加入はしたものの、当初は全く出番に恵まれなかった。だが、状況が変わったのは昨年11月24日に行なわれた、ドイツ2部の第14節カールスルーエ戦。遠藤は初先発を飾り、攻守にわたる活躍で3-0の大勝に貢献した。

 以後、遠藤は同クラブの先発を飾る機会が増えた。だが、12月末でティム・ウォルター監督が辞任。新たにペジェグリーノ・マタラッツォ氏が就任し、チームは新たなスタートを切っている。

 ようやく出場機会に恵まれようとした矢先の監督交代劇となったが、ヤン記者は「そんな心配は杞憂だ」と遠藤の活躍を確信しているようだ。

「クラブは守備的なポジションをいくつもこなすことができるエンドウを高く評価している。彼はもともと、前任ウォルター監督の選ぶ先発ではなかったが、カールスルーエとの試合で価値を証明した。以後、11回にわたって先発を飾っている。おそらくシュツットガルトは、彼を買い取る以外にない。エンドウにはその価値がある!」

 ブンデス2部は現地24日に再開。シュツットガルトはディナモ・ドレスデンとホームで対戦する。第18節を終えた時点で3位に付けているシュツットガルトは、首位のアルミニアとは3ポイント差と、十分に昇格を狙える位置につけている。

 果たして、遠藤はシーズン後半で再びチームに貢献することができるだろうか。現地での注目度も高まっていると言えそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「クリスマスに会うという仲の良さ」「鎌田くんは全部…」遠藤航がベルギー日本人戦士の貴重な5ショットを投稿!
「だてに獲得したんじゃない!」ダービーで“圧倒的記録”を残した遠藤航をシュツットガルトSDが絶賛!
「腰が折れそう…」「マトリックスだ!」イブラヒモビッチの“神業トラップ”にファンも心酔!
「日本には良い印象しかありません」神戸退団のポドルスキが別れのメッセージを投稿!「永遠に神戸の誇り」とファン感激
「日本の“アイドル”と“未来”」「大きな関心」香川真司と久保建英の同胞対決にスペイン紙も注目!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ