中野吉之伴 新着記事

監督不在も公式戦2連勝! ドイツ代表の世代交代を成功させている原動力は?【現地発】

 6月の代表週間でベラルーシにアウェーで2-0、エストニアはホームで8-0と快勝したドイツ。対戦相手が強豪ではないというのは誰もがわかっている。だが、スタジアムに訪れたファンが、そしてテレビの前... 続きを読む

ブンデス優勝争いの決着は最終節へ! 最後に笑うのは屈強バイエルンか、諦めないドルトムントか?【現地発】

 最後のカウントダウンだ。ブンデスリーガ最終節、バイエルンとドルトムントは優勝をかけてそれぞれフランクフルト、ボルシアMGとの一戦に臨む。 10年あまり、ブンデスリーガで最後まで緊張感が続くシー... 続きを読む

「欧州カップ戦のために、とは考えない」のになぜ有望株が集まるのか? ドイツ屈指の”育成処”フライブルクのブレない哲学【現地発】

 ブンデスリーガは残すところあと1試合。優勝争いは続いているが、現時点ですでに成功を祝えるチームがある。そのひとつがフライブルクだ。残留をいち早く決定し(最終節を残して13位)、大きなストレスな... 続きを読む

混迷を極めるブンデス2部の昇格争い。名門ハンブルクが勝ち抜くには、酒井高徳が必要だ。【現地発】

 ブンデス2部リーグで、昇格争いの行方が読めなくなっている。 昨シーズン1部からの降格クラブであるケルンとハンブルクは1年での1部復帰を狙い、可能な限りの戦力を残して今季に挑んでいる。 ドイツメ... 続きを読む

ブンデス屈指の名物ルール・ダービーは波乱の展開に。ドルトムントの敗因は何だったのか。【現地発】

 ブンデスリーガの優勝を争っている首位バイエルンと2位ドルトムント。先週末はニュルンベルク、そしてシャルケにそれぞれ敗れ、残り3試合で勝点は2ポイント差となっている。 現地4月7日に行われたバイ... 続きを読む

ブンデスのCL出場枠は、残り1枠の争奪戦に。長谷部誠擁するフランクフルトを脅かすのは―――。【現地発】

 ブンデスリーガから、来季のチャンピオンズ・リーグ(CL)に出場することができるのはリーグで4位以上の4チームとなる。リーグ戦は4試合を残し、第30節終了時で首位のバイエルン(勝点70)、2位ド... 続きを読む

ブンデスの残留争いが佳境に。原口元気、久保裕也は救世主になれるか?【現地発】

 ブンデスリーガも残すところあと4節。今回は残留争いをチェックしてみよう。 2部リーグに自動降格する17、18位、そして2部チームとの入れ替え戦となる16位でシーズンを終える可能性があるクラブで... 続きを読む

【現地発】大迫勇也が待望のブンデス復帰を果たした裏で―――ボルシアMGは再起の幕開けを迎えていた。

 大迫勇也がブンデスに復帰したあの試合、ボルシアMGがブレーメンをホームに迎えた一戦での出来事だ。記者席に、空席を見つけ出した二人の若者がさりげなく座り込んでいた。ちょうど私のすぐ近くだった。ふ... 続きを読む

【現地発】「チームとしての成長を感じられた」欧州遠征でなでしこ指揮官が掴んだ”手応え”の正体。

 フランスで6月7日に開幕する女子ワールドカップ開催まで、2か月を切った。 4月1日から11日まで欧州遠征を行なった日本女子代表・なでしこジャパンは、9日に行われたドイツ戦の先発に、敗れたフラン... 続きを読む

ドルトムントがアリアンツ・アレーナにのみ込まれた夜、コバチとファーブルに何が起こったのか?【現地発】

 先週末の一戦で、ブンデスリーガ2位バイエルンが首位ドルトムントをホームに迎えた一戦は予想以上の大差で決着がついた。 試合開始早々からバイエルンが主導権を握り、ドルトムントに反撃の余地を与えない... 続きを読む

好調ブンデスの2クラブがシーズン終了前に監督交代を決断。そのワケは?【現地発】

 成績が悪いと監督は飛ばされる。追い込まれたクラブが選択する常套手段だ。 だが、成績が良いからいつまでも監督でいられるというわけでもない。現マンチェスター・シティ監督のジョゼップ・グアルディオラ... 続きを読む

大迫勇也抜きでも攻撃陣は好調なブレーメンだが…他にない強みを持つ日本人FWこそが終盤戦のキーマンに! 【現地発】

 ブンデスリーガ第26節終了時点で、ブレーメンは8位につけている。ヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得できる6位(レバークーゼン)との勝点差は3と、悪くない位置だ。 後半戦はリーガ9試合連続無敗... 続きを読む

大型補強も結構だが…過渡期を迎えた王者バイエルンが、未来に向けて今こそ着手すべきこと 【現地発】

 主力メンバーの高年齢化を懸念していたバイエルンのウリ・ヘーネス会長は、2017年8月に育成アカデミーを完成させた際、「育成はバイエルンの将来への大事なベースとなる。我々としては、移籍金高騰化が... 続きを読む

選手交代における“複合的なプラス”と“1対1止まり”の差――「監督采配」からビッグゲームを検証する

「監督の手腕が勝負の明暗を分ける」とよくいわれる。では、実際に監督の采配が、どれだけ試合の流れに影響を与えることができるのだろうか。 試合に向けて相手と自チームを分析し、対策を練って練習に落とし... 続きを読む

浸透した魅力的な攻撃スタイル――復活を遂げたレバークーゼンのラストスパートに要注目だ! 【現地発】

 レバークーゼンが好調だ。  1月にペテル・ボシュが監督に就任してから、7試合で5勝。結果だけではなく、内容的にも魅力的なサッカーを披露している。  ボシュの起用法で一番のポイントは、ドイツ代表MF... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ